Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

146gの国産有機ELスマホ「AQUOS zero」、ソフトバンクが9万9840円で12月21日に発売

とにかく軽いです。

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年12月18日, 午後02:30 in smartphone
203シェア
16
146
0
41

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS zero」を2018年12月21日に発売します。

6.2型の国産有機ELパネルを搭載しながら、146gという軽さを実現。側面にはアルミニウムよりも軽量なマグネシウム合金を、背面には軽量かつ高強度なアラミド繊維をそれぞれ採用したことで軽量化に成功しています。発表当時は、有機ELディスプレイ搭載機ならではの軽量さと、設計の難しい曲面状の画面形状が話題になりました。

このほか、背面カメラは約2260万画素、前面は約800万画素。IPX5/IPX8等級の防水、IP6X等級の防塵、映像技術「Dolby Vision」、音響技術「Dolby Atmos」、おサイフケータイなどに対応します。

OSはAndroid 9.0、SoCは8コアのSnapdragon 845を採用。一括価格は9万9840円(税込)。本体サイズは73×154×8.8mm。ボディカラーは、アドバンスドブラックの1色です。

AQUOS zero Case

さらに開発元のシャープでは、AQUOS zero の発売に合わせて、2019年1月31日までに AQUOS zero を購入し、専用ページから応募した人全員に、AQUOS zero の背面に採用している素材と同様のアラミド繊維を使った、オリジナルガジェットポーチをプレゼントするキャンペーンを実施します。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

203シェア
16
146
0
41

Sponsored Contents