Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

松井愛莉をファンがGalaxy Note9で激写!写真のデコではセンス爆発

ガラスに囲まれた幻想的スタジオで

田沢梓門, @samebbq
2018年12月18日, 午後08:21 in Android
63シェア
4
27
0
32

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

六本木ヒルズのヒルズカフェにて展開している「Galaxy Studio Roppongi Hills」にて12月18日、「Galaxy Note9」を活用した「Galaxy Sessions」を開催しました。


Engadget

Galaxy Note9は10月25日に発売したSamsungのSペン対応フラグシップスマートフォンです。背面カメラはデュアルレンズ仕様で、周囲の明るさにあわせてF1.5とF2.4を自動で切り替える機械式の可変絞りを搭載。イラストや手書きメモがとれるSペンはBluetooth対応になりペンのボタンを押すことでカメラのシャッター、プレゼンのスライドおくり、動画の再生停止が可能。auとドコモにて販売されています。



Engadget

Galaxy SessionsはGalaxy端末を活用したイラスト作成や写真撮影などを学ぶことができるイベントです。今回はファッション誌「Ray」の専属モデル松井愛莉さんがゲストとして登場し、Galaxy Note9を使用した写真撮影や写真加工についてのセッションを展開しました。

Engadget

松井さんは3年来のGalaxyユーザーとのこと。現在はGalaxy Note9を使用しており、買い物リストや友達勧められた映画などその場で記憶したいことをSペンでメモしているそうです。トークセッション時にはGalaxy Note9で撮影したセルフィやパリの写真などを紹介しました。

Engadget

会場のスタジオでは松井さんをモデルに参加者がGalaxy Note9で撮影することに。抽選で選ばれた松井さんファンの参加者は事前にスタッフから操作方法を教わっており、真剣な眼差しでシャッターを切っていました。

Engadget

最後は松井さんもSペンボタンのシャッター機能を利用してパシャリ。

Engadget

Sペンでササッとハートマークなどを描いて写真加工をする松井さん。なんとこの加工は1分ほどで描いたものです。ペン機能の便利さもさることながら、松井さんのセンスに恐れ入りました。

Engadget

Galaxy Sessionsでは、キャリアの販売ブースも展開されており、その場で購入可能です。インフルエンサーのトークや実機による撮影などで端末の魅力を十分に理解した上で購入を決断できますね。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Samsung
関連キーワード: android, art, galaxy, Galaxy Note9
63シェア
4
27
0
32

Sponsored Contents