Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

ASUS、5000mAhバッテリーにDSDV対応のSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro(M1)」を12月21日に発売

価格は2万9800円(税別)

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年12月19日, 午後04:50 in Mobile
135シェア
8
127,"likes":91
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


ASUS JAPANは、大容量5000mAhバッテリーを搭載するSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro (M1)」(ZB602KL)を、2018年12月21日より公式のオンラインショップやオフィシャルストアASUS Store Akasaka、その他一部量販店などで販売開始します。メーカー想定売価は2万9800円(税別)です。


5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、4G接続時の連続待受が最長35日間、連続通話が最長41時間のバッテリー駆動時間が売り。本機をモバイルバッテリー代わりにして、他の端末を充電する機能も搭載します。

ZenFone Max Pro (M1)

6インチディスプレイを搭載しながらも、本体幅は76mmに抑えられています。上下のフレームを極限まで狭くし、左右をほぼフレームレスにすることで、5.5型モデルとほぼ同じ本体幅を実現したとのことです。

モバイルデータ通信は、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応し、マルチキャリア(docomo、au、Y!mobile VoLTE)での使用が可能です。DSDVでは、2枚のSIMカードを挿せば、療法で4G通信の同時待受が可能。例えば、仕事用とプライベート用に電話番号を1台のスマートフォンで分けて使ったり、通話用のSIMとデータ通信用のSIMを分けるといった便利な使い方ができます。

カメラ機能としては、本体背面に1600万画素と深度測定専用の500万画素カメラを組み合わせたデュアルレンズ構成となります。深度測定用カメラが撮影範囲内の各対象の距離を計測することで、近くにある人物や物に対して背景だけを綺麗にボカした写真を撮影することができます。インカメラは800万画素です。

ZenFone Max Pro (M1)

セキュリティ面は、指紋認証と顔認証に対応し、両方を登録することでどちらでもロックの解除を行えます。

主な仕様は、6インチ1080×2160解像度のディスプレイを搭載、Snapdragon 636(1.8GHz x8)、3GB RAM、32GBストレージ、microSDXC(最大2TB)。無線通信機能として802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 5.0。OSはAndroid 8.1。

対応バンドは次のとおりです。

FDD-LTE:1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28
FDD-LTE:38 / 39 / 41
W-CDMA:1 / 2 / 3 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz

センサー類は、GPS(GLONASS、BeiDou)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサーを搭載します。

バッテリー駆動時間は、Wi-Fi通信時が約28時間、モバイル通信時が約21時間、連続通話が約2460分(VoLTE)/約2520分(3G)、連続待受が約840時間(VoLTE)/約816時間(3G)。

本体サイズは76×159×8.4mm(幅×高さ×奥行)。重さは約180gです。

本体のカラバリは、ディープシーブラック、スペースブルー、メテオシルバーの3色展開です。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

135シェア
8
127,"likes":91
0

Sponsored Contents