Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:
Save

鮮烈な赤の差し色。GRAMASのiPhone XS/Max用ケースにブラック×レッド限定モデルが

イタリアンレザーがiPhoneを包み込む

田沢梓門, @@samebbq
2018年12月20日, 午後08:30 in iphone
124シェア
47
38
0
39

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View
坂本ラヂヲが展開するスマートフォンアクセサリブランド「GRAMAS」が12月19日、イタリア製ソフトレザーを使用したiPhone XS/XS Max対応ケースの限定モデル、2タイプ4製品を発売しました。

価格はシェル型レザーケースのiPhone XS用が8000円(税込、以下同)、iPhone XS Max用が1万円。手帳型レザーケースのiPhone XS用が1万2000円、iPhone XS Max用が1万4000円です。


今回の限定モデルは、ブラックのベースにレッドがアクセントとなるバイカラー仕様。シェル型と手帳型の共通の仕様としては、素材に発色の良さと柔らかさが特徴のイタリアンレザーを採用する点、ケースを装着したままQi規格のワイヤレス充電が可能な点が挙げられます。

Engadget

シェル型モデルは、ポリカーボネート芯材のエッジ部分をレザーと同色の専用塗料で仕上げています。革を使用したシェル型ケースとしてはApple純正のレザーケースもありますが、今回のGRAMAS限定モデルはフチに差し色が入っているのがポイント。ケースの色合いにアクセントが欲しい方にはこちらがオススメです。

Engadget
▲普段は目にすることのないケース内側にも本革を貼っています

Engadget

手帳型はディスプレイも含め、iPhoneを包み込んで保護するタイプ。フラップはマグネットにより閉じた状態に固定できるので、固定用のベルトを必要としない設計です。また通話スピーカーホールを搭載しており、フラップを閉じた状態でも通話が可能です。

ただし、オートスリープ(フラップを閉じると自動でiPhoneがスリープ状態になる機能)には対応していません。
Engadget
▲レンズ周りの保護もしっかり。カメラを下にして机に置いてもレンズが傷つきません
Engadget
▲カードポケットも備えています。利用頻度の高い交通ICカードやクレジットカードを挿すといいでしょう

GRAMASシリーズは本革ケースの中でも定番と呼べるシリーズですが、今回のモデルは人気の出そうな差し色の上に限定モデル。年末年始のギフトなどに、ちょっと特別な本革iPhoneケースをプレゼント――というのはいかがでしょうか。


124シェア
47
38
0
39

Sponsored Contents