Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

VR界の強者連合か。ドワンゴら13社が3Dキャラファイル形式「VRM」普及団体を設立、任天堂も協力

規格の統一と世界標準化を目指す

田沢梓門, @samebbq
2018年12月20日, 午後05:30 in vr
325シェア
0
266
0
59

連載

注目記事

12月20日、ゲームエンジンUnityを手がけるユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのオフィスにて、同社を含む13社が合同で記者発表会を開催。

VTuber向けをはじめとする3Dアプリなどで使われるアバター用ファイル形式「VRM」の普及と統一規格の策定を目的とした共同事業体「VRMコンソーシアム」を2019年2月に設立すると発表しました。

dwango
VRMは人型3Dアバターデータを扱うためのファイルフォーマット。大きな特長はプラットフォーム非依存で人型の3Dモデルデータを使用できることで、規格に対応しているアプリであれば同じキャラクターデータを使用できます。

フォーマット的にはglTF2.0をベースとしたもの。Unity向けにはVRMファイルの読み書きを行うC#による標準実装(UniVRM)がオープンソースで提供されます。


■参加企業
IVR、XVI、S-court、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ピクシブ、ミラティブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Wright Flyer Live Entertainment
■オブザーバー
任天堂

VRMコンソーシアムの特徴は、バーチャルキャラクターの作成や配信サービスに関わる、名だたる企業が発起人として参画している点。

VTuber支援サービス「Vカツ」やVRアプリ「VRカレシ」を提供する『IVR』に、日本有数のVRエバンジェリストである「GOROman」こと近藤義仁氏が率いる『XVI』をはじめ、ご存じクリプトン・フューチャー・メディアやドワンゴ、バーチャルキャストにピクシブ、そして会場となったユニティなど、業界の主要プレーヤーが集合した「強者連合」とも呼べる顔ぶれです。

同コンソーシアムは、技術面では3Dモデルの標準化に向けた技術仕様や、VRMを使用した3Dモデルの権利保護を実現するための技術的手法の検討を行います。
また権利面では、3Dモデルの作品やIPの知財・著作権について検討。アバターにおける人格など新たに保護が必要な権利についての定義や法的論拠などの検討を行います。

普及への取組みとしては、今後は事務局が国内外の関係企業参加を呼びかけていくそうです。

さらに、各コミッティーへの参加や提言が可能なオブザーバーとして任天堂の参加も発表。「エンターティメントの分野における新しい取組みや動向、コミュニケーションに関して常に最新の情報を把握しておけるように努めており、今回はオブザーバーとして参加した次第です」。という任天堂のコメントが紹介されました。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

325シェア
0
266
0
59

Sponsored Contents