Sponsored Contents

twitterの最新記事

Image credit:
Save

Twitterで『フォローとフォロワーの位置が逆』はバグ。すでに修正も「反映に時間」

意図的な変更ではないとのこと

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年12月22日, 午前10:25 in twitter
215シェア
0
215
0
0

連載

注目記事


12月20日頃から、Twitterアプリで「フォロー数とフォロワー数が表示される位置が左右逆になった」という声がちらほら聞こえてきました。

つまり、これまで「フォロー数・フォロワー数」という順番だったものが、「フォロワー数・フォロー数」と表示されるように。筆者のTwitterアプリも昨日(12月21日)から同様の現象が発生しています。

特に大きな不利益はないように思えますが、サイドメニューは従来どおりの順番となっており、アプリ内で整合性が取れていません。また、フォローより相対的に多いフォロワーを抱えているユーザーからすると、(これまでの感覚から)ぱっと見でフォロー数を多く感じさせてしまうことを快く思わないユーザーも、ひょっとするとおられるのかもしれません。

意図的な変更ではない

この件についてTwitter Japanの広報担当者に問い合せたところ、意図的な変更ではなくバグであるとのこと。回答の全文は下記のとおりです。

「バグが生じていましたが、修正いたしました。すでに回復いたしましたが、反映されるまで少々お待ちください。ご迷惑をおかけして申し訳ございません」

記事執筆時点で筆者のTwitterアプリは逆になったままですが、時間の経過とともに解消されるようです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, sns, twitter
215シェア
0
215
0
0

Sponsored Contents