Sponsored Contents

yodobashi cameraの最新記事

Image credit:
Save

ヨドバシは通販も対象!! ポイント還元最高20%の特別セール開催、12月31日まで

20%還元アイテムにはMate 20 Proも

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年12月22日, 午後09:57 in yodobashi camera
340シェア
0
340
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

ヨドバシカメラが本日(12月22日)より『特別ポイントアップセール』を開催しました。期間は12月31日までの10日間。

このセールは大別すると、2つのセールが合同で開催されている形式です。1つ目は、全品13%ポイント還元セール。これは、通常時ポイント還元率が10%となる商品に対して、還元率を13%に増加するというもの。2つ目は、一部指定商品に限ってですが、ポイントが最大20%まで(他に15%、18%の計3種)まで増加しているというものです。

このタイミングで予告なしの突発的(に見える)セールとなると、どうしてもビックカメラグループでの"PayPay祭り"対抗では? と思えます。そちらに比べた場合の大きな特徴は、通販でも同じ期間でセールを実施中という点と、還元総額などでの限定がない点など(そして当然ながら、新しく決済サービスに入る必要もありません)。

リアル店舗に行かないといけなかったPayPay祭りに比べ、より広いユーザーがメリットを受けられるセールと呼べそうです。

Yodobashi.com PointUp Sale

一方注意点としては、13%還元となる商品が『通常10%還元の商品』と明記されているところ。つまり普段からポイント還元率が10%以下となるアップル製品やゲーム機本体(ニンテンドースイッチやPlayStation 4他)など、いわば「ビックのPayPay祭りで真っ先に標的となった売れた製品」は対象になりません。

Yodobashi.com PointUp Sale

しかし普段10%還元のアイテムであれば、人気商品でもほぼ例外なく13%還元に。『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』や『ゴッドイーター3』といった最新ゲームタイトル(予約も含みます)や『PlayStation VR』といったゲーム周辺機器なども対象に含まれています。

テレビや冷蔵庫や洗濯機といった大型家電ももちろん対象。「ヨドバシ派なのでPayPay祭りが悔しかった」勢などにとっては、ちょっとしたチャンスとなりそうです。

15/18/​​​​​20%還元対象 代表的製品 (ヨドバシ.com)
https://www.yodobashi.com/store/630087/

20%還元対象製品一覧 (ヨドバシ.com)
https://www.yodobashi.com/?word=987686749

そしてもう一つのポイントが、20%還元対象となっているアイテムの数々。上記ヨドバシ.comへのリンクを眺めてみるとわかりますが、こうした場合の「ポイント大幅還元アイテム」でありがちな古めの製品だけでなく(失礼)、意外なまでの注目製品が含まれているのです。

Yodobashi.com PointUp Sale
Yodobashi.com PointUp Sale

本誌読者向けで目に付いたところであれば、ファーウェイの最上位スマートフォン『Mate 20 Pro』(!!)やソニーの人気カメラ『α7R III』に『サイバーショット RX100VI』(DSC-RX100M6)。そして360度アクションカメラ『Insta360 ONE X』など、バリバリの現行モデルも入った布陣。

Yodobashi.com PointUp Sale

さらには、絶対価格の敷居の高さからおいそれとは手を出せませんが、ソニーの77型4K有機ELテレビ『KJ-77A1』なども20%ポイント対象。元が269万9800円(税込)と高価なだけに、53万9960ポイントが付きます

さらに18%対象としては、LGエレクトロニクスの55型有機ELテレビ『OLED55E8P』やHPのノートPC『ENVY 13-ah0011TU』(Core i5-8250U/RAM 8GB/SSD 256GB構成)といった定番製品が並びます。

15%還元となるとさらに広がり、定番のミラーレス一眼カメラであるキヤノンの『EOS Kiss M』やソニーの『α6300』、そしてシグマの交換レンズ多数など、2018年の売れ筋アイテムとして数えられる製品もターゲットとなってくる......といった次第。

Yodobashi.com PointUp Sale

意外な製品もポイントアップ対象となっているため(そして通販でも対象となっているため)、ちょっとした宝探し気分で狙っていたアイテムの割引率を確認してみるというだけでも、かなり面白いことになっています。

このように今回の施策は、近年のヨドバシのポイント還元セールとしてはかなり力が入ったもの。アイテムによっては、ともすれば同社初売り恒例の『福箱』よりお得感がありそうな気配です。2018年最後の、そしてPayPay祭りに参加できなかった方にとっては嬉しいビッグセール、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

340シェア
0
340
0
0

Sponsored Contents