Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

中国Meitu、トリプルフロントカメラ搭載のV7/V7 Tonino Lamborghini発表。究極のセルフィースマホ実現へ

自撮りといえばMeitu

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2018年12月26日, 午後01:50 in Mobile
77シェア
5
39
0
33

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


中国Meituは新型スマートフォン「V7/V7 Tonino Lamborghini」を発表しました。車のダッシュボード風の外観デザインや、トリプルフロントカメラの搭載が特徴の端末となっています。

V7/V7 Tonino Lamborghiniのカメラシステムとしては、フロントにナイトショット用の1200万画素+超広角撮影用の2000万画素+深度センサー用の800万画素のトリプルカメラを採用。あらゆる状況でベストな自撮りが体験できるとしています。また、背面にも1200万画素+800万画素のデュアルカメラを搭載し、光学/電子式手ぶれ補正が利用できます。

本体には6.21インチの有機ELディスプレイを搭載し、プロセッサはSnapdragon 845でRAM容量は8GB、内蔵ストレージは128GB。なお、V7 Tonino Lamborghiniでは256GBと512GBのストレージバリエーションが用意されています。バッテリー容量は3400mAhで、急速充電にも対応しています。

Meitu V7/V7 Tonino Lamborghini Edition

V7 Tonino LamborghiniはスペックはV7とほぼ同一ですが、バックパネルにトリカラーのステッチをあしらったカーフレザーを採用。またランボルギーニとコラボレーションした証として、背面ロゴも埋め込まれています。さらに、同じくカーフレザー製のスマートフォンケースも付属します。

V7/V7 Tonino Lamborghiniの価格それぞれ4799元(約7万7000円)と、8888元(256GBモデル:約14万円)、1万888元(512GBモデル:約17万円)。中国市場向けに12月24日から仮予約を開始し、2019年1月8日から販売を開始します。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, Mobile, smartphone
77シェア
5
39
0
33

Sponsored Contents