Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

イオンモバイル、モバイルバッテリーシェアサービス「ChargeSPOT」を提供開始

イオンなら地方でも便利そう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月26日, 午後05:50 in mobile
96シェア
0
54
0
42

連載

注目記事


MVNOサービスを展開するイオンモバイルが、INFORICH社のモバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を本州・四国のイオン、イオンスタイル内のイオンモバイルと、イオンモバイル八重洲の計171店舗で12月26日(水)から提供開始しました。

ChargeSPOTは、1時間以内なら108円(税込)、1時間以上48時間以内なら216円(税込)でモバイルバッテリーをレンタルできるサービスです。

AEON ChargeSPOT

初回利用時にモバイルバッテリーの保証金として2139円(税込)が必要ですが、モバイルバッテリーをレンタルしていない状態ならいつでも返金が可能です。料金はクレジットカードやスマホ内決済で支払います。

専用アプリでバッテリースタンドのQRコードを読み取るとレンタル開始となり、バッテリースタンドの側面(あるいは上部)からモバイルバッテリーがポップアップします。返却時には空いているスロットに戻すだけです。

AEON ChargeSPOT

返却は借りた場所以外でも行えるので、旅行先のイオンでバッテリーを借りて、地元に戻ってから近所のイオンで返却も可能です。また、ChargeSPOTは香港とタイでもサービスを行っており、東京で借りたバッテリーを香港で返却といったこともできます。

なお、48時間を超えた場合には、返却の必要はなく、モバイルバッテリーはそのまま自分のものとして利用が可能です(つまり買取)。ただし、その状態でもバッテリースタンドに返却はできてしまうとのこと。この場合、保証金は返却されず、モバイルバッテリーも手元には残らないので注意が必要です。

モバイルバッテリーの仕様は5000mAhで出力は5V/2A。microUSB、USB Type-C、Lightningの各ケーブルを内蔵しています。microUSBを利用してモバイルバッテリーの再充電も可能です。

AEON ChargeSPOT

ChargeSPOTはこれまで東京を中心にサービスを展開していましたが、イオンモバイルが取り扱うことで一気に全国区(本州と四国のみ)での展開となります。現在はイオンモバイルのみですが、今後、イオンモールなどの小売店舗にも導入していくとのことです。

このほか、イオンモバイルとは別ですが、沖縄でのサービス開始も発表されています。

モバイルバッテリーのレンタルサービスでは、東京電力エナジーパートナーの「充レン」もお台場エリアを中心にサービスを提供中で、こちらはレンタル翌日の24時までで300円(税別)。


これまで、商業施設での充電サービスと言えば、端末を預けるコイン式のものが主流でしたが、これからは、充電しながら持ち運べるレンタルサービスも増えてきそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: aeon, aeon mobile, chargespot, mobile, rental, share
96シェア
0
54
0
42

Sponsored Contents