Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

イーロン・マスク、「ロリコン野郎」と罵ったダイバーからの訴訟の棄却を希望。審問は2019年4月から

自分で撒いた種

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年12月28日, 午前11:30 in Internet
45シェア
9
36
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
「口は災いの元」と言われるとおり、テスラ・SpaceXのイーロン・マスク氏がタイ少年サッカーチームの洞窟遭難事故の際に救助にあたった英国人ダイバーを「ロリコン野郎(pedo guy)」と罵った件は、ダイバーからの名誉毀損訴訟に発展しました。しかし、マスク氏は裁判所がそれを棄却することを望んでいます。

ことの発端は、遭難事故現場に(要請されていないにもかかわらず)マスク氏らが救助のために乗り込んできたのに対して、ダイバーのヴァーノン・アンスワース氏が「売名行為は迷惑だ」と批判ツイートをしたこと。対するマスク氏はBuzzFeed Newsの記者に対してアンスワース氏を調査するよう促し「ロリコン野郎の肩を持つな」と発言していました。

世界的著名人かつ大富豪で、ときに『アイアンマン』のトニー・スタークになぞらえて紹介されることもあるマスク氏が秘密兵器(ミニ潜水艦)を携えて登場したことで、少年サッカーチームの救出劇はさらに世界の注目をあびることになりました。しかし結局のところは、水中ポンプによる水抜きがうまくいったこともあり、ミニ潜水艦が登場する機会はなく全員が無事に救出されました。

しかし、洞窟の外で勃発した中年男同士による、いがみ合いはいまだ収束の気配がありません。

マスク氏はいったんは「ロリコン野郎」発言を謝罪しすべて自分が悪いとしたものの、その後8月末になって、「訴えてこなかったのは自分がそういう性質だと認めたようなものだ」と、よせばいいのに再び蒸し返す発言をし、これを受けたアンスワース氏側は9月、名誉毀損でマスク氏を提訴するに至りました。

マスク氏の弁護士は、問題とされた発言は言論の自由の範囲内であり、また本心ではないと主張。Twitterでの発言はSNS上における"校庭での罵り合い"レベルにすぎないとして、裁判所には請求を棄却するよう申し立てたとのこと。

今回のマスク側の請求棄却の申し立てに対し、アンスワース側弁護士は「斬新な主張だが正確ではない」とThe Guardianに語りました。裁判所の判断が注目されるところですが、裁判所はSNSのフォロワーほどにはイーロン・マスクに好意的ではないかもしれません。今年、マスク氏はテスラの株式非公開化ツイートの件で米証券取引委員会(SEC)との間でもトラブルを起こしています。なお、アンスワース氏との名誉毀損訴訟の最初の審問は2019年4月1日に予定されています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

45シェア
9
36
0

Sponsored Contents