Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

honor期待の穴あき画面スマホ、View 20の詳細公開。パンチホールだけでなく背面深度検出カメラも特徴

カメラ機能も一級品でした

22シェア
0
22
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

中国ファーウェイのサブブランドであるhonorは、新型スマートフォン「honor View 20」の詳細情報を中国向けに公開しました。パンチホールだけでなく4800万画素カメラと3Dカメラの搭載、そしてファッションブランド「モスキーノ」とのコラボが特徴です。

概要としては12月10日に公開されていたhonor View 20ですが、詳細な仕様が公式に明らかになるのは今回が初となります。

honor View 20


基本仕様としては、6.4インチ/2310x1080ドットの液晶ディスプレイと、7nmで製造される最新プロセッサ「Kirin 980」を搭載しています。RAM容量は6GB/8GBで内蔵ストレージ容量は128GB/256GB。4000mAhのバッテリーを内蔵し、4.5V/5Aの高速充電が利用可能です。

パンチホールと呼ばれるディスプレイ内の穴には、2500万画素・f/2.0のカメラを、そして背面にはソニー製「IMX586」センサーによる4800万画素・f/1.8カメラと、ToF(Time of Flight)型の深度検出カメラを搭載しています。

このToF型3Dカメラは、たとえば人体の骨格を読み取ってより痩せて見せる「シェイプアップ撮影」を実現したり、あるいはXboxの「Kinect」のように、大型ディスプレイに接続してダンスやスキーなどモーショントラッキング・ゲーム用の読み取りセンサーとしても利用可能です。

honor View 20
本体には3つのWi-Fiアンテナを内蔵し、Wi-FiとLTE通信の同時/適時切り替えによる最適な通信を実現する「Link Turbo」機能も利用可能。さらに液冷チューブによりチップセットだけでなくカメラパーツなどを冷却し、動画視聴時や充電時に他社スマホよりも内部温度を下げることに成功しています。

また本体背面には複数の「V」字意匠が印刷されており、見る角度によってその模様が変化します。

honor View 20の本体価格は、6GB RAM/128GB ROMモデルが2999元(約4万8000円)、8GB RAM/256GB ROMモデルが3499元(約5万6000円)。カラーバリエーションはブルー/レッド/ブラックの3色。冒頭で紹介したモスキーノとのコラボモデルは「後日販売」という状態です。

また、今回は中国市場向けモデルの公開でしたが、同機は別途世界市場向けの発表イベントも準備されています。こちらは2019年1月22日に、パリで開催される予定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Honor
関連キーワード: android, honor, huawei, smartphone, smartphones
22シェア
0
22
0
0

Sponsored Contents