Sponsored Contents

paypayの最新記事

Image credit:
Save

PayPay、2019年1月に3Dセキュア導入。不正利用分はPayPayが補償

上限金額は3Dセキュアの有無で異なる仕様に

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月27日, 午後02:30 in paypay
292シェア
128
109
0
55

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

クレジットカードの不正利用が大きな問題となった「PayPay」が、3Dセキュア(本人認証サービス)の導入と、不正利用被害があった場合の補償について発表しました。

まず、クレジットカードの不正利用対策として、2019年1月に3Dセキュアに対応するとのこと。これは、クレジットカードの登録時に、カード会社に登録したパスワードを入力することで、本人認証を行う仕組みです。

PayPayは、サービス開始時から12月18日に対応するまで、クレジットカードのセキュリティコード入力回数に上限を設定していませんでした。このため、流出しているカード番号などを使い、セキュリティコードを総当たりで試すことで、カードの登録が行える状態となっていました。

この暫定対策として現在、クレジットカード経由での決済は30日間で5万円までの制限が設けられています。3Dセキュア対応後は、3Dセキュアの有無によりユーザーごとに上限金額が変わるとのことです。


合わせて、クレジットカードの不正利用についても報告が行われています。サービス開始以来、セキュリティコードを20回以上入力して登録された件数は13件。うち9件は本人による入力であることが確認されているとのこと。これ以外にも、セキュリティコードを一定回数以上入力して登録に至ったカードがあり、その中でPayPayで利用されたものについてカード会社と連携を進めているとのこと。

具体的には、これらのカードで不正利用の疑いが確認された場合には、カード会社からユーザーに連絡を行い、請求停止や返金等を行うよう要請しているとのこと。なお、返金額については、PayPay側が全額負担とするとしています。ユーザーからの申告によって不正利用が認められた場合にも、同様にPayPayが全額補償します。

このため、身に覚えのないPayPayでのクレジットカード利用があった場合には、速やかにカード会社に連絡するよう呼び掛けています。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

292シェア
128
109
0
55

Sponsored Contents