Sponsored Contents

playstationの最新記事

Image credit:
Save

人によっては恐ろしい? PS4ゲームの累計プレイ時間を動画化するサイト「MY PS4 LIFE」がヨーロッパ限定で開始

見るのが怖い……

Kiyoshi Tane
2018年12月27日, 午後08:20 in playstation
46シェア
0
46
0
0

連載

注目記事


ソニーはPS4の発売5周年を記念して、各ユーザーがどれほどPS4のゲームに時間を費やしたかを確認できるWebサイト「MY PS4 LIFE」を開設しました。ただし、記事執筆時点で対象とされるのは、ヨーロッパ地域のユーザーのみとされています。

同サイトではPSN IDを入力するだけで、そのプレイヤー専用のビデオを作成。過去5年間のプレイ記録をまとめ、最初にプレイしたタイトルや、獲得した珍しいトロフィー、それに多くの時間を費やしたゲームのトップ3を教えてくれるとのこと。

基本的にその場で1〜2分待てばすぐに閲覧ができますが、待ちきれない場合はいったん作成だけを依頼することも可能。その場合は、PSN IDにリンクしたメールアドレスに対して24時間以内に送信すると記載されています。



さて、これまでゲームに費やした時間は、ゲーマーにとって知りたくもあり、「どれだけ人生を捧げたか」が可視化される恐るべきデータでもあります。

例えば米ゲームメディアgamesradarのライターは、過去5年間のうち1016時間をPS4のタイトルに費やしたこと(意外と少なかった、とのこと)、そのうちトップは136時間を注いだ『レゴ・ディメンション』だったと告白。

ps4life

次いで『スター・ウォーズ バトルフロント』に102時間、『メタルギアソリッドV』を80時間を掛けていたとのこと。この2タイトルの場合、これらのプレイ時間は意外と普通、という印象も受けます。そして最初に遊んだタイトルが、所有しているとさえ覚えてなかった『FIFA 2015』だったと教えてもらったとのこと。

PS4LIFE

そうした牧歌的な話題とは別に、米メディアKotakuは本サービスが特定のゲームを遊んだプレイヤー数を特定できるという裏技にも言及しています。

このビデオには「珍しいトロフィー」を何人が獲得したかの数字が含まれていますが、「珍しいトロフィー」を持つプレイヤーの比率はソニーの公式サイトに掲載されています。つまり、2つを組み合わせることで、特定のゲームにつきプレイヤー総人口を割り出せるわけです。

たとえば『Mass Effect: Andromeda』のプラチナトロフィーを獲得したプレイヤー数は1万5448人。そしてPlayStationサイトでは、トロフィーの達成率は0.7%とあるため、総プレイヤー人口は約220万6857人と推定できる、といった具合です。

その一方でKotakuは、こうして導かれた数字は、ゲームの実売本数とは必ずしも一致しないと指摘しています。PS Plusの一時無料プレイ分は水増しとなり、複数のPSN IDで1本のゲームをプレイしたり、中古ゲームで購入した人も重複してカウントされる可能性があるからです。

このようなデータが閲覧できるMY PS4 LIFE。自分がどれほどゲームに人生を注ぎ込んできたかというデータは、人にとっては身の毛がよだつものではあります。現状では冒頭で紹介したように、ヨーロッパ圏のユーザー限定のサービスではありますが、怖いもの見たさという観点も含め、ぜひ日本向けのサービス提供を期待したいところです。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

46シェア
0
46
0
0

Sponsored Contents