Sponsored Contents

servicesの最新記事

Image credit:
Save

Google Fitで健康的な1年のスタートを。Google、「ニューイヤーチャレンジ」を開催

Google Fitに力を入れるみたいです

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年12月28日, 午後05:00 in services
18シェア
0
18
0
0

連載

注目記事


Googleが、フィットネスアプリGoogle Fitを使ったニューイヤーチャレンジを発表しました。1月1日からの1か月間、体を動かしてアクティブに1年を始めようという企画です。

同じような取り組みは、Appleが2017年と2018年に謹賀新年チャレンジとして実施しており、こちらでは特別なバッジを獲得できました。Google Fitの場合、なんらかの目に見える報酬があるのかは不明です。


ニューイヤーチャレンジは、より多くのハートポイントを獲得することが目標となります。ハートポイントはGoogle Fitが8月のアップデート時に導入した指標で、アメリカ心臓協会(AHA)と世界保健機関(WHO)が推奨している運動量を示すもの。週150ポイント以上の獲得が目安です。

あまり難しく考えることはなく、早歩きなど中程度の運動であれば1分で1ポイント、それを超える激しい運動なら1分で2ポイント獲得。週5日、1日30分の運動(30ポイント)をすれば週に150ポイント獲得できる計算です。

また、運動を促すため、9か国36人のインフルエンサーと協力し、彼らがどのようにハートポイントを獲得しているのかを共有していくとのことです。

なお、チャレンジ自体は1月1日からですが、参加登録はスマートフォンのGoogle Fitアプリからすでに行えます。

GoogleとしてはGoogle FitやWear OS搭載スマートウォッチの普及、ハートポイントの認知拡大の狙いがありそうです。それでも、新しく始まる1年を健康に過ごすため、また運動をする習慣を身に着けるためにも、参加してみるのもいいかもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

18シェア
0
18
0
0

Sponsored Contents