Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

ジャック・ブラックが突如YouTubeチャンネル開設。「Pew Die Pieよりもビッグに」と暴れる

やる前からビッグやん

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年12月28日, 午後02:55 in AV
30シェア
5
25
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
ハリウッド俳優、音楽ユニットTenacious Dの活動でも知られるジャック・ブラックが、YouTubeチャンネル"Jelinski Games"を開設しYouTuberデビューを果たしました。撮影と編集を担当するのはジャック・ブラックの息子とのこと。ブラックは「このチャンネルをNinjaやPew Die Pieよりもビッグにしてやるぜ」と鼻息も荒く宣言しました。

記念すべき第1回めは"Hello, Jack Black Here."と銘打たれたものですが、30秒足らずのその内容は、上の段落に記したセリフでほぼ全て。あとは椅子に寝っ転がってふざけるだけというなかなかのシュールさ。

チャンネルの内容というかコンセプトもいまいち不明確で、どのようなテーマがあるのか(ないのか)も気になるところ。"Jelinski Games"というタイトルやブラックが座るゲーミングチェア、後ろにあるPCなどを見ると、どうやらゲーム関連のチャンネルになると考えて良さそうです。

最近は海外でも著名人がYouTubeやTwitch他で配信する機会が増えました。2018年で言えば、たとえばウィル・スミスはグランド・キャニオンで50歳の誕生日を祝ってバンジージャンプをし、ドウェイン・ジョンソンは娘の誕生日を祝う動画を投稿して、いずれも再生回数を大きく伸ばしました。

まだ30秒の動画が1本しかない"Jelinski Games"チャンネルも、記事執筆時点で再生回数は280万回に達しており、88万人に届こうかというチャンネル登録者たちは、次の動画を今か今かと待っている状態です。

なお、"Hello, Jack Black Here."動画の最後には"every Friday"の文字が表示されており、ブラック親子が律儀にそれを守るのであれば、日本時間の今夜にも新たな動画がアップロードされるはずです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

30シェア
5
25
0

Sponsored Contents