Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO冬イベント、31日からタマゴ距離半減。ゴンベほか新規の孵化チャンス🐣

ギフト開封前にタマゴ枠を空けること

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年12月30日, 午前10:01 in Niantic
48シェア
11
37
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


実施中のポケモンGO冬イベント「Pokémon GO ホリデー」、ポケモン捕獲時のXP2倍ボーナスは12月30日(31日早朝)で終了です。続いて31日から1月2日までは、ふかそうち・スーパーふかそうちのタマゴ孵化距離が半減するボーナスが開始。

冬イベントではフレンドのギフトから手に入る7kmタマゴの中身が変わり、ゴンベ(カビゴン進化前)やタマンタ(マンタインの進化前)など新規追加のベビィポケモンや、従来は10kmタマゴからしか孵らなかったリオル(ルカリオの進化前)などが孵化するようになっています。毎日配布中の無料ふかそうちとあわせて、冬イベント中に押さえたい新規追加ポケモンを揃える貴重な機会です。

冬イベント「Pokémon GO ホリデー」概要


年末年始の休みを迎えたタイミングで、改めて「Pokémon GO ホリデー」イベントをまとめると、

・期間は1月2日まで

・サンタに似たデリバードや赤い帽子のピカチュウが期間限定出現

・ユキカブリ、グレッグル、ドーミラー、スコルピ、ケイコウオなど新規追加のポケモンが野生出現。一部はタマゴでも

・フレンドのギフトから手に入る7kmタマゴで、ゴンベ・リーシャン・タマンタなど新規のベイビィポケモン、10km限定だったリオ
ルなどが孵化


・毎日ひとつだけ、ポケストップから無料のふかそうちがドロップ。一回だけの使い切りタイプ

・数日替わりで各種ボーナス適用。30日まで(31日早朝まで)は捕獲時のXP2倍、12月31日から1月2日(おそらく3日早朝)まではタマゴの孵化に必要な距離1/2

7kmタマゴ+孵化距離1/2の注意事項




冬イベントではフレンドのギフトからのみ手に入る7kmタマゴの中身が変わり、新規ポケモンのリーシャン、ゴンベ、タマンタが加わりました。また、10kmタマゴ限定だったリオル(ルカリオ進化前)も7kmから孵化します。

ポケモンGOのタマゴの仕組み基本と、最近の新システムおさらい、今回のイベントを含めてまとめると、

・基本。タマゴは最大9個の枠に空きがないと手に入らない。ギフトを開ける前にタマゴの数を確認

7kmタマゴからの新規ポケモンを狙う場合、フレンドからのギフトを開封する前に、タマゴを持てる枠に空きがある(9個フルに埋まっていない)ことを確認。

7kmタマゴは時期によってテーブル(孵化する候補)の中身が大きく変わります。実装直後のアローラのすがたばかりの時期などは、一度揃ってしまうともう不要になる場合が多く、7kmタマゴを引かないためにタマゴのスロットが埋まっていることを確認してギフト開封が必要なこともありました。

冬イベントでは逆に、まだ新規追加のポケモンを引いていない場合、スロットに空きがあることを確認してからギフトを開封しないと、7kmタマゴが欲しくても手に入りません。

・基本。この冬からの新システム「いつでも冒険モード」を有効に。ふかそうちセット忘れに注意

この11月から、新システムの「いつでも冒険モード」が加わっています。いつでも冒険モードは、ポケモンGOのアプリを開かなくても、またモンスターボールPlusなどのアクセサリを使わなくても、スマホを持って移動した距離をタマゴの孵化や相棒のアメ発見にカウントする新機能。スマホOS側の歩数・運動距離カウントを使用します。

いつでも冒険モードを有効にすると、従来よりも格段に早く多くタマゴが孵化するようになります。逆に「孵化した通知に気づかず、次のタマゴをふかそうちにセットし忘れたまま歩いてしまう」ことにもっと注意が必要です。いつでも冒険モードの設定や注意はこちらを参照。

ポケモンGOを変える「いつでも冒険モード」解放。アプリ開かずタマゴ孵化・アメ発見

・モンスターボールPlusの自動アイテム回収、ポケモンGO Plusにも注意

12月31日からのタマゴ孵化距離1/2ボーナスでは、いつでも冒険モードも相まって、従来以上にすごい勢いでタマゴが割れてゆくことになります。

孵化してスロットが空いた状態でうっかりポケストップからアイテムを回収してしまうと、2km・5km・10kmのタマゴが手に入り、ギフトからの7kmタマゴに使いたい枠を埋めてしまう可能性があります。

距離1/2なので気にせずどんどん割ってどんどん回すこともできますが、ボーナス期間中、イベント期間中にできるだけ7kmを孵化させて図鑑を埋めたい場合は「こまめにタマゴを確認する、空きがあったらフレンドリストからギフト回収」を心がけましょう。

・冬イベント期間後のタマゴテーブル変更は不明
ゴンベ等の新規ポケモンはポケモンGOホリデーイベントと同時に追加されましたが、イベント後の扱いは不明。最近の7kmタマゴはベビィポケモンが孵化しやすくなっていたため、そのまま恒常で加わる可能性もあります。

そのほか新規追加・期間限定ポケモン



ポケモンGOホリデーの開幕と同時に、新規のポケモンや期間限定のポケモンが野生でも出現しています。

おそらく期間限定
・デリバード (色違いが新規追加)
・赤い帽子のピカチュウ(サンタピカチュウ、色違いあり)
・赤い帽子のピチュー(サンタピチュー、色違いあり)

この二体は従来から時期限定で登場。サンタピカチュウは以前からのプレーヤーならばお馴染みでむしろ余っている、博士に送りにくくてむしろ入手したくないかもしれません。

一方、ピカチュウには日焼けした色違いが存在しており、期間限定の帽子ピカチュウも色違いの場合があります。タマゴから孵化するピチューも期間限定で帽子をかぶっているため、(色違い)サンタピチューもなかなかレアな収集対象です。

今後の出現確率不明

ユキカブリ(ユキノオーに進化)
グレッグル (ドクロッグに進化)
ドーミラー (ドータクンに進化)
スコルピ (ドラピオンに進化)
ケイコウオ (ネオラントに進化)

イベントと同時に野生出現するようになった新規追加ポケモン。進化後も含めると一気にシンオウ地方の図鑑が埋まります。イベント後も恒常で出現する可能性が高いものの、確率としては不明。ごくレアになる可能性もあるため、出現しているうちに集めるに越したことはありません。




そのほか開催中~新年のポケモンGOイベントはこちら。

開催中
ポケモンGO、EXレイドの『デオキシス』がアタックフォルムにチェンジ

開催中~1月15日まで
ポケモンGO、伝説レイドはまさかの『ヒードラン』。1月15日まで這いまわる

1月2日~
ポケモンGO、新年はホウオウ・ルギアが大発見に追加。2019年3月1日まで

1月13日
ポケモンGO、1月13日に『ワニノコ』大量発生のコミュニティ・デイ開催。タマゴ孵化距離1/4ボーナスも




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
48シェア
11
37
0

Sponsored Contents