Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

今年もっとも読まれた「Xperia」の記事はどれ? 9位〜1位までを振り返り(2018年編)

Xperia史に残る大刷新の1年でした

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2018年12月30日, 午後01:30 in Mobile
18シェア
0
18
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


2018年もあとわずかとなりました。そこで今回は、2017年にEngadgetで掲載したXperiaに関する記事の中から、特に人気が高く、多くの人に読まれた記事をピックアップしてみました。1位までのカウントダウン形式でご紹介します。

第9位
IFAで触れた「Xperia XZ3」について感じた素直な気持ち:週刊モバイル通信 石野純也

IFAでは複数の賞を受賞しており、展示会場にはその盾が並べられていました。ここでは、筆者が実機に触れてみた印象をお届けしていきたいと思います。

第8位
ソニー Xperia XZ2 Premium発表。2眼カメラに4K液晶、6GB RAMの怪物スマホ

Xperia XZ2 Premiumは「スマホの枠を超えた」という(ソニー談)背面デュアルカメラ(2眼カメラ)を搭載。モノクロセンサーとカラーセンサーを組み合わせることで、静止画でISO 51200、動画でISO 12800という高級一眼カメラ並の高感度撮影を実現しています。

第7位
Xperia XZ3の背面ノッチ、理由は?

先代の「Xperia XZ2」からデザインを大きく洗練させた本機においては、地味に目立つ存在です。理由を聞いてみました


第6位
au版Xperia XZ3からauロゴが消えた!理由をソニモバに尋ねると

ソニー新スマホ「Xperia XZ3」を11月上旬に発売するau。いざ実機に触れてみると、Xperia XZ2まで存在していた「auロゴ」がなくなっていることに気づきました。


第5位
『変わらないXperia』に終止符──ソニー新フラグシップ「Xperia XZ2」の実機に触れる

いざ実機を前にすると、従来モデルからの変貌ぶりに驚きます。側面にあった指紋センサーは背面に移り、背面は金属ではなくガラスに...


第4位
ソニー Xperia XZ3発表 初の有機EL、薄くスタイリッシュに大刷新

担当者は「Xperia XZ3」について『手乗りサイズのOLEDブラビア』と表現。というのもソニービジュアルプロダクツとの協業により、フラグシップの4K OLEDブラビアと同等の表示品質に仕上げたといいます。


第3位
「Xperia XZ3」は文句なしの良スマホ あえて欠点を挙げるなら

まずXperia XZ3の概要から。同機はGoogleの最新OS「Android 9 Pie」を搭載したスマートフォンです。画面サイズは先代から約0.3インチ大型化した6.0インチとなっています。


第2位
液晶を捨てて大正解 ソニー新フラグシップ Xperia XZ3の実機に触れる

大きな変更点はディスプレイです。Xperiaシリーズ初となる有機EL(OLED)を採用し、画面サイズは5.7インチから6.0インチへ、約0.3インチ大型化。画面解像度も2160 x 1080から2880 x 1440へと高精細化を果たしています。


第1位
スマホ液晶に近づく「死」 Xperiaまで有機ELへシフト

サムスンを筆頭にアップル・ファーウェイなどの各社が有機ELシフトを進めるなか、ソニーモバイルも最新スマホ「Xperia XZ3」でついに有機ELを採用。また、IGZO液晶をあれだけ推していたシャープですら、ドイツ・ベルリンのIFA 2018で有機ELスマホをお披露目しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: mobile
18シェア
0
18
0
0

Sponsored Contents