Sponsored Contents

best2018の最新記事

Image credit:
Save

任天堂がゲーム機の概念を超えた新しい遊びを提供する「Nintendo Labo」:ベストバイ2018

組み立てる・遊ぶ・作り出すの3つの楽しさ

相川いずみ
2019年1月1日, 午後12:00 in Best2018
63シェア
3
60,"likes":19
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


2018年は、個人的にゲームの当たり年でした。そのひとつが、Nintendo Switch向けに発売された「Nintendo Labo」。付属のダンボールを使って、ユーザーが自分で、"Toy-Con(トイコン)"と呼ばれるオリジナルのコントローラを作りあげます。そしてそのToy-Conを使ってゲームが楽しめるだけでなく、自分でオリジナルの遊びを作り出せるという斬新な試みに、誰もが心を躍らせたのではないでしょうか。

Nintendo Laboは3つの「楽しい!」がある


実際に遊んでみると、広告動画を見ていたときよりもっと楽しい!!!まず作ること自体がおもしろい。ノリなし、ハサミなし、セロテープなし。ダンボールの切れ目に沿ってパーツを取り外し、ソフトの動画通りに組み立てていくだけ。この設計が実に見事で、作っていくだけでものすごくおもしろい。子どもはもちろん、"大人の工作"としても存分に楽しめました。

Nintendo Labo
▲頑丈なダンボール製のキット

次に、作ったら付属のゲームで遊ぶ!これも楽しい。特にロボット世代の方におススメしたいのは、ロボットになりきれる「Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit」。頭にバイザー、背中にはドック、手足にそれぞれロボットアームとシューズを装着すれば、気分はロボットそのもの。SFの世界で憧れていたサイバーワールドへ突入です。

Nintendo Labo
▲Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kitで組み立てたロボットキット。サイズは紐で簡単に調整できるので、家族で共有することも可能

子どもはもちろん、自宅でなら、大人だって思いっきりロボットになりきってもオーケー。マップ上をドシドシとのし歩き、空を飛び、建物をぶち壊す!ストレス解消にももってこいのプレイが楽しめます。しかもコレ、カロリー計算機能もあるから、ダイエットにも向いているのです。ゲームで遊んでストレス発散してしかもダイエットになるなんて一挙三徳ですよ。

Nintendo Labo▲Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kitのゲーム画面。巨大ロボットで暴れまわる!

そして、もうひとつ。Nintendo Laboには、とっておきの機能が潜んでいます。それが「Toy-Conガレージ」です。

Nintendo Labo
▲Toy-Conガレージの画面

専用のプログラミングツールのようなもので、Switchの純正コントローラ「Joy-Con」のセンサーや振動機能などを活用し、Switch本体の画面と連動させて、様々な発明を自分で作り出すことができます。とてもわかりやすい解説動画や見本がついていますので、プログラミング初心者でも取り組みやすくなっています。一見難しそうに見えるけれど、やってみるとハマる。これが3つめの「楽しい!」です。

工作好きな我が家では、「振ると音が鳴る剣」や「卓球セット」、「バーチャルピアノ」など、思いつくままに色々と作ってみました。今挙げた例はほんの一例ですが、工夫しだいで、もっともっといろんな遊びを作ることができそうです。

ちなみに、自分で作ったToy-Conに色をぬったりシールを貼ったりといったアレンジも楽しめちゃいます。ダンボール製だからこそ、こんな工作の楽しみもあるというわけです。

遊び方にあわせて選べる3本


Nintendo Laboは現在、以下の3作が発売されています。すべてを遊んだ者として、特徴とおすすめポイントをざっくりとまとめてみました。

・Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit/6980円(税別)
2018年4月に発売された、Nintendo Laboのシリーズ第1弾。つり、ピアノ、おうち、バイク、リモコンカーなど、バラエティ豊かなToy-Conが作成可能です。ひとつひとつの制作時間が短く、手軽に遊べるので、小さい子どもにも向いています。Nintendo Labo入門向けとして、家族みんなで楽しみたい人や、女の子にもおすすめです。


Nintendo Labo

・Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit/7980円(税別)
バラエティキットと同時発売。ロボットに特化したもので、写真のように、自分がロボットになりきって遊べます。これだけでも十分に楽しめますが、対戦したいならもう1セット買いたいところ。というか、買いましょう。買うべき。

Nintendo Labo

Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit/6980円(税別)
2018年9月に発売されたシリーズ第3弾。3種類のコントローラを作り、陸・海・空でのアクションゲームを楽しめます。それぞれのゲームが独立しているのではなく、シームレスにつながっているのが特徴。また、2つのコントローラを同時に使って、2人協力プレイができるのも楽しいですよ。家族や友人と一緒にLaboのゲームをしたい人向き。特に、空中戦が好きな人なら、ハマること請け合いです!

Nintendo Labo

今夏には、Nintendo Laboを使ったコンテストも開催され、全国のユーザーによる、アイデアあふれる素晴らしい作品が紹介されていました。ゲームは、どちらかというとユーザーは受け身の立場ですが、このNintendo Laboはある意味、真逆です。どれだけユーザーが"おもしろいもの・新しいもの"を作り出せるか、開発者の方から挑戦されている気すらしてきます。

と言いつつも、キットの通りに作って遊んでいるだけでも、十分に楽しいんですけれどね。あんまり「何か作らなきゃ!」と思うと、それはそれで義務みたいになってツマラナクなってしまうので、自分が遊びたいように遊ぶ。作りたくなったら作る。そのぐらいのスタンスでよいかなと思います。

たくさんの「楽しい!」と、新しい遊びを教えてくれたNintendo Laboに感謝です!




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

63シェア
3
60,"likes":19
0

Sponsored Contents