Sponsored Contents

Nintendo Switchの最新記事

Image credit:
Save

ポケモン愛が深まる最新作「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」:ベストバイ2018

Pokémon GOと連携させると楽しさが倍増しました

相川いずみ
2019年1月3日, 午後12:00 in Nintendo Switch
59シェア
0
59
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

ポケモンが大好きです。新作が出れば即ゲット。アニメ・映画は欠かさず見る。息子と一緒にポケモンセンターへ通い、自宅にはぬいぐるみが並び、お気に入りのポケモンは何も見なくても似顔絵が描ける。そんな、ごくごく普通のポケモンファンです。

......という、自分語りはさておき。2018年11月、Nintendo Switchでついに、ポケットモンスター最新作の「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」が発売になりました!

「しばらく忙しいから、落ち着いてから買おうかな......」なんて考えていたのに、モンスターボール型のコントローラー を振って ポケモンをゲットできると知り、予約して買ってしまったのです。




Pokemon
▲購入したのは、もちろん「モンスターボール Plus」とのセット

さらに遊びやすく快適になったゲームシステム

実際にプレイして感じたのが、とても遊びやすくなっているということ。そして、ポケモンでやりたかった要素がふんだんに詰めこまれているということです。

Pokemon
▲ポケモンの捕獲画面。従来のバトルではなく、モンスターボールを投げて捕獲します

まず遊びやすくなっている点。これは、ポケモンの捕獲方法につきます。わたしは、あまり戦術などを深く考えないタイプなので、今作の「Pokémon GO」方式の捕まえ方が、とても気に入りました。サクサク捕まえられるから、どんどん手持ちのポケモンが増えていくのがうれしい!

Pokemon▲メインメニューはシンプルでわかりやすい!

メニューもとってもシンプル。もともとポケモンは子ども達でも遊びやすい仕様になっていますが、メニューはこの6つだけ。操作に困ることなく、すいすいと遊んでいけるユーザーライクな仕様が気に入っています。

ポケモン愛を満たしてくれる 仕様がいっぱい

そしてポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイには、わたしのポケモン愛を満たしてくれる新機能がたくさん搭載されていました。

ひとつめが、捕まえたポケモンを連れて歩けること。モンスターボールに入りたがらない相棒のピカチュウ・イーブイ以外のポケモンも、たまには一緒に歩いてくれたらいいなぁ......という思いは、多くのポケモンファンの夢だったと思います。

その夢が、このゲームの中で叶うのです! 自分がゲットしたポケモンなら、どれでもオーケー。しかもポケモンによっては、プレイヤーの周りを歩くだけでなく、背中にのせてくれたり、肩車してくれたりするポケモンも!

Pokemon
▲怖そうなイワークも、このとおり!

Pokemon▲空を飛びたいなら、プテラのように大きくて空を飛べるポケモンにおまかせです

ふたつめが、おでかけ機能。「モンスターボール Plus」にポケモンを入れて連れて歩くとができます。ボタンを押すと、ボールが鳴いたり光ったりして、「ここにいるよー」と言っているかのようです。しかも、「Pokémon GO Plus」の機能もあり、Pokémon GOでも実用性があります。

Pokemon
▲相棒のピカチュウもお手軽に連れていけます。しかも、「ピカピカ」と鳴きます!

それから、これまでのシリーズにもこの機能はありましたが、相棒ポケモンであるピカチュウやイーブイを愛でたり、きのみをあげたりすることも可能です。これらの触れ合いによって、よりポケモンを身近に感じられるようになりました。

新旧ユーザーが楽しめるストーリー

今作の舞台となるのは、昔からのポケモンファンにはおなじみのカントー地方。懐かしの街やトレーナーだけでなく、おなじみのロケット団の面々も、序盤から登場します。

Pokemon▲ゲームのパッケージを開けて、まず感動。カントー地方の地図が描かれていました!

でも、懐かしさを感じつつも、新しい機能や要素がふんだんに盛り込まれているので、それぞれのエピソードを楽しみながら進めていきます。

さらにうれしいのが、2人プレイに対応したこと。2人目のプレイヤーは好きなときに"サポートプレイヤー"として参加可能です。だから、強いトレーナーやジムリーダーとバトルしたいときだけ呼んでもオーケー。メインプレイヤーの手持ちのポケモンの中から、2人でそれぞれ選び、戦うことができるのでとても有利です。また、捕獲のときも2人でモンスターボールを投げることで、捕まえやすくなるというメリットもあります。

Pokemon
▲2人で街中を駆け回る! 主人公を女の子で始めると、サポートプレイヤーは男の子になります

バトルだけでなく、街の中なども一緒に歩いたりできるので、のんびり歩き回ったりするのも楽しいですよ。まだポケモンを知らない人に、雰囲気を体験してもらうのにもおすすめです。

ポケモンファンの夢が詰まったモンスターボール Plus

そして、もうひとつ。ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイを紹介するうえで、欠かせないのが、モンスターボール Plusの存在です。なくても遊べますが、あるともっと楽しい! すごく楽しくなる! そんな魔法のようなアイテムです。

Pokemon
▲出かけるときは常備。お財布を忘れても、モンスターボール Plusは忘れない!? いつも持ち歩くので、汚れ防止に別売の透明カバーを取り付けています。

我が家では、プレイの時だけでなく、お出かけの際に欠かさず持って行っています。理由は2つ。先ほど紹介したポケモンを連れてのお散歩のためと、Pokémon GOで遊ぶためです。これが楽しい。

実は、しばらくPokémon GOはお休みしていたのですが、モンスターボール Plusを購入したことを機に再開してみました。Pokémon GOでゲットしたポケモンを、本作に連れてくることができるのも楽しみのひとつ(ただし、Pokémon GOからポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイに送ったポケモンは、Pokémon GOに戻せないので、注意!)。

久しぶりに遊んだPokémon GOは新しい機能も増えていて、現在は再びハマっています。その時に活躍するのが、モンスターボール Plusです。モンスターボール Plus内にポケモンをおでかけ用に入れていれば、自動でポケストップなどをまわして道具を獲得してくれるので、非常に重宝しています。

Pokemon
▲モンスターボール Plus を持ち歩く時は、ポケモンをお散歩用に入れて歩くのがお得! 10日ほどお散歩に連れて歩いてみたら経験値が大量に入りました!

しかし、ひとつ問題が......。それは息子とモンスターボール Plusの奪い合いになること。大人げなく、どちらが持つかでけんかになります。

解決策として、追加でモンスターボール Plusとイーブイのセットも買ってしまいました。そうなると、今度はNintendo Switchがもう一台欲しくなってくる......。これは、危険なスパイラルの気がしますが、イーブイがかわいいので、まあ、よいかな?

Pokemon▲結局、「モンスターボール Plus」が2個になりました。これで仲良く遊べそうです


©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon・モンスターボールは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

59シェア
0
59
0
0

Sponsored Contents