Sponsored Contents

Gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

肌を温めて剃り味向上。加熱式ヒゲ剃り「Gillette Heated Razor」発表

替刃は5枚刃

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年1月8日, 午後12:00 in Gadgetry
51シェア
8
43
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
米ラスベガスで開催の家電見本市 CES 2019より。カミソリメーカーのジレットの研究部門GilletteLabsが、刃先を温めるヒーター付き髭剃り「Heated Razor」を発表しました。髭剃りといえば1本あたりの6~7枚刃などというものが販売されていますが、ジレットの新しい髭剃りは枚数とはまた別の方向から剃り味の改善を考えています。

理容室で髭剃りをしてもらったことのある人なら、最初に蒸しタオルを顔に乗せて肌を温めることで、硬い髭を柔らかくしているのを知っていることでしょう。ジレットは、この効果を1本の髭剃りで実現するため、カミソリ部の温度を瞬時に45℃まで上げられるヒーターを髭剃りに搭載しました。

これによりシェービングクリームの泡が温められ、さらに肌が暖められます。GilletteLebsによると少なくとも髭剃りをお湯で暖めるよりは効果があるとのこと。またヒーターの温度は45℃もしくは50℃に設定でき、好みのほうを使うことができます。

ジレットは5枚刃のカートリッジを採用するヒーター付き髭剃りを、充電スタンドとともに1本160ドル(約1万7000円)で販売する予定とのこと。また替刃自体は既存のものと変わらない価格になるとされます。

髭剃り本体はさすがに少々高いのではという気もしないでもないものの、ジレットは2018年10月にHeated Razorのクラウドファンディングを実施し、目標額の5倍近くを集める大成功を収めました。この結果からも製品化すれば売れるという自信は持っているようです。

Gallery: Gillette Heated Razor | 6 Photos

6


なお、IndiegogoでHeated Razorに出資した人には、この2月頃から製品が届き始めるだろうとのこと。非出資者がこのヒーター付き髭剃りを購入できるようになる時期は、まだわかりません。ただ、本当に160ドルで販売されるなら、クラウドファンディングの際に示されていた当初予定価格よりも10ドルほど安く手に入ることになります。

ちなみに蒸しタオルの気持ちよさのほうを重視したいのであれば、数千円で買える一般的なタオル加熱器をおすすめします。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Coverage: Indiegogo
51シェア
8
43
0

Sponsored Contents