Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

Googleアシスタント対応を容易にする「Google Assistant Connect」発表

試作品、このまま製品化してほしい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年1月9日, 午後12:50 in gadgetry
136シェア
24
40
0
72

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
米ラスベガスで開催中のCES 2019より。Googleアシスタントを手軽な価格で実装できるプラットフォーム、Google Assisntant Connectが発表されました。

まだプレビュー版との位置づけで、その詳細は公開されていませんが、Amazonが2018年9月に公開したAlexa Connect Kit(ACK)に相当するもののようです。

ACKは、Alexaを利用する上で必要な内容がチップセットの形で提供されるもの。デバイスメーカーは、Alexaのスキルやクラウドサービスとのやり取りなどを意識することなく、自社製品のAlexa対応が可能となります。同時に発表されていたAlexa対応の電子レンジにも、ACKが組み込まれていました。


Google Assisntant Connectもチップの形で提供され、利用するGoogleアシスタントの機能をプログラムできます。なお、これ自体にGoogleアシスタントが組み込まれているわけではなく、実際の利用にはGoogle HomeなどGoogleアシスタント搭載デバイスとのリンクが必要になります。

このGoogle Assisntant Connectで何ができるのかを示す例として、2つの試作品が披露されました。1つは小さなスマートボタン。もう一つは手のひらサイズのE-Inkディスプレイデバイスです。

Gallery: Google Assistant Connect | 5 Photos

5


まずスマートボタンですが、ボタンを押すとGoogleアシスタントに設定した任意のルーチンを起動可能。ボタンを1回押すだけで、家中の照明を消したり、音楽を流したりといったことができます。Alexaで利用するEchoボタンの簡易版といった感じです。


E-Inkディスプレイデバイスは、カレンダーに登録されたスケジュールや天気予報、周辺の交通情報を表示するもの。背面に小さなボタンがあり、スマートボタンと同様に任意のルーチンを実行も可能です。

Google Assistant Connectは、今年後半に利用可能になるとのことです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Google
136シェア
24
40
0
72

Sponsored Contents