Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

HTC Vive Proに視線追跡機能を追加。新VRヘッドセット「Vive Pro Eye」発表。

VRアバターの表現もよりリアルに

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年1月8日, 午後02:00 in wearables
63シェア
0
63
0
0

連載

注目記事

米ラスベガスで開催のCES 2019より。HTCが、ハイエンドVRヘッドセットVive Proのアップデートバージョン「Vive Pro Eye」を発表しました。

Gallery: HTC Vive Pro Eye | 6 Photos

6


見た目はVive Proと変わりませんが、名前に「Eye」とある通り、視線追跡(アイトラッキング)に対応したのが大きな違いです。レンズ周囲に配置されたLEDセンサーにより、装着者の視線を検出します。


視線追跡の搭載により、注視するだけで選択できるメニューなど、コントローラー不要の操作性を実現できるとしています。

また、注視している部分のみ高解像度でレンダリングし、その周辺の解像度を下げるフォービエイテッド・レンダリング(Foveated Rendering)にも対応可能です。GPUパワーを注視している部分に振り分けることで、よりクリアな映像表現や必要なスペック要件の引き下げなどが期待できます。

なお、バーチャルキャスト社のVirtualCast Enterprise版がすでにHTC Vive Pro Eyeに対応済み。VRM対応アバターでユーザーのまばたきや視線を反映することで、より自然な表現が可能となっています。


この機能は今後、一般向けのVirtualCast Consumer版にも適用を予定しているとのことです。



Vive Pro Eyeは、2019年第2四半期に発売予定となっています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

63シェア
0
63
0
0

Sponsored Contents