Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

1月12日のできごとは「PadFone 2 発売」「完全ワイヤレスイヤホン 400-BTSH004 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年1月12日, 午前05:30 in today
49シェア
2
13
0
34

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

1月12日のおもなできごと

2012年、SDアソシエーションがインテリジェントなSDIO規格「iSDIO」を発表
2013年、ASUSがタブレットに変身するスマホ「PadFone 2」を発売
2016年、auが「Qua phone」「Qua tab 02」などを発表
2017年、サンワサプライがBluetoothイヤホン「400-BTSH004」を発売

2013年:ステーションへの接続で10.1インチタブレットになるスマホ「PadFone 2」

today
基本的には4.7インチ液晶(1280×720ドット)を備えたスマホなのですが、付属のステーションへと装着することで、10.1インチ(1280×720ドット)のタブレットに変身するという、ユニークな製品が「PadFone 2」。

「それって別途タブレット買ったほうがよくない?」などといわれることもありましたが、SIMが1枚でいいのでテザリングの手間がいらない、スマホ内にデータをセーブするゲームでデータ同期を気にしなくていい、ステーション内蔵バッテリーで長時間動作できるなど、中核となる本体が1台でいいというメリットがありました。

そうはいっても、ステーションを持ち歩くことを考えれば、やっぱりタブレットを別途買ったほうが......いえ、なんでもありません。

2017年:6980円という低価格で発売された完全ワイヤレスイヤホン「400-BTSH004」

today
完全ワイヤレスイヤホンのヒットモデルといえばAirPodsがありますが、これに遅れることわずかひと月ほどで登場したのが、サンワサプライの「400-BTSH004」。サイズが若干大きいものの、6980円という低価格なのが魅力でした。

本体が大きいと外れやすそうに思えますが、耳の内側に引っ掛けるフックを備えることでその心配を解消。また本体にはボリュームとマルチファンクションボタンを備え、音量調整や通話切り替え、リダイヤルといった操作も可能と、ヘッドセット機能が重視されている製品でした。

「400-BTSH004」はすでに販売終了となっていますが、これ以外にも個性的で低価格な製品がサンワサプライから登場していますので、気になる人はチェックしてみましょう。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

49シェア
2
13
0
34

Sponsored Contents