Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

新型「ジムニーシエラ」をピックアップ改造、スズキがオートサロンでコンセプト展示

ログハウス用の木材を運んでそうな雰囲気

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年1月11日, 午後07:00 in transportation
72シェア
0
72
0
0

連載

注目記事


スズキは、アウトドア向けの小型車「ジムニーシエラ」をピックアップトラック風に改造したカスタムカーを「東京オートサロン」にて展示しています。

ベースとなったのは、2018年7月発売のアウトドア向け小型自動車「ジムニーシエラ」。軽自動車「ジムニー」とともに昨年モデルチェンジされたジムニーシリーズは、小さな筐体で道なき道を突破していく型破りな悪路走破性が話題となり、発売時には「納期1年待ち」とも言われる人気車種となりました。

▲スズキが公開したジムニーの悪路走破性能を見せつける動画

今回、カスタムカーイベント「東京オートサロン」にてスズキが展示したのは、その新型ジムニーシエラの後部座席を荷台にしたピックアップスタイルのコンセプトカー。ベース車両のフレームをそのまま利用しているため荷台部分は小さめです。カスタマイズのテーマは「DIY」とのことで、アウトドアな趣味での活用を意識しているようです。

ジムニー・ジムニーシエラカスタム

なお、この「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」はあくまでコンセプトカーとなっており、会場の説明員は「カスタマイズして楽しむ1つの例として紹介した。このスタイルを実際に発売する予定はない」と話していました。

ジムニー・ジムニーシエラカスタム▲通常のジムニーシエラ(+純正オプションによるカスタマイズ)はこちら

ジムニーシリーズではかつては荷台付きモデルを販売しており、農場などで活用されていました。そうした経緯もあってか、「自前でピックアップスタイルに改造するようなユーザーもいる」(説明員)と言います。

このほかスズキは、新型「ジムニー」ではカスタマイズカーとして雪山のような厳しい土地でも使えるような改造例「ジムニー サバイブ」を展示。ジムニーの悪路突破を疑似体験できるVR体験ブースも構えています。

ジムニー・ジムニーシエラカスタムジムニー・ジムニーシエラカスタム▲極限環境でも頼りになりそうな軽自動車「ジムニー サバイブ」(こちらもコンセプトカー)

ジムニー・ジムニーシエラカスタム▲悪路走破のVR体験も




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

72シェア
0
72
0
0

Sponsored Contents