Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Amazonが独自のゲームストリーミングサービスを計画中、2020年にサービス開始との噂

やっぱりプライム向けでしょうか

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年1月12日, 午後11:50 in internet
132シェア
20
112
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Amazonがゲームストリーミングサービスへの参入を計画しているとの噂がでてきました。早ければ2020年に開始予定とのことです。

ゲームストリーミングは、クラウド上のサーバーでゲームを動かし、その画面をユーザーの手元のデバイスに配信するサービス。ある程度の回線速度は必要になるものの、ハードパワーが必要な部分はサーバーが担うため、ユーザー側では高価なデバイスを用意する必要がないのがメリットです。

2018年にはGoogleがProject Streamのベータテストを開始したほか、MicrosoftもProject xCloudを発表。ソニーは2014年からPlayStation Nowとして同様のサービスを提供しています。
本件を報じているThe Informationによると、Amazonはすでにゲームパブリッシャーとの交渉を開始しているとのことです。具体的なタイトルや買い切り型なのかサブスクリプションなのか、Amazonプライムメンバー向けのサービスになるのかなど、詳細は不明です。

サービス開始までに専用の新デバイスが登場する可能性もありますが、おそらくは、Fire TVやFireタブレットなど、Amazonデバイス向けのサービスになるのでしょう。

5Gが本格的に開始され通信が快適になれば、今後ストリーミング系サービスも続々と登場してくる可能性があります。ゲームのために自前でハイスペックなPCやグラフィックカードを用意することは、無くなっていくのかもしれません。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: CNET
132シェア
20
112
0

Sponsored Contents