Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

キャデラックが同ブランド初となる電気自動車の画像を公開

GMの次世代EVプラットフォームを採用する最初の市販車に

Hirokazu Kusakabe
2019年1月14日, 午後06:00 in transportation
32シェア
0
32
0
0

連載

注目記事


米国の高級車ブランド、キャデラックから同社初となる100%電気自動車の画像が公開されました。極端に細いヘッドライト(?)は公道走行を考慮しないコンセプトカーのように見えますが、キャデラックの発表によると、この電動SUVは同ブランドを傘下に収めるGM(ゼネラルモーターズ)が将来の製品群に向けて開発している新しいEV用プラットフォームを採用したクルマの中で、最初に発売されるモデルになるとのこと。正式な車名や詳しいスペックは明らかにされていませんが、最近流行のコンパクト・クロスオーバーではなく、3列シートを備えた大型SUVになるようです。分かりやすく表現すれば、テスラの「モデルX」が直接のライバルになります。

この「BEV3(バッテリー・エレクトリック・ヴィークル3)」と呼ばれる次世代のEVプラットフォームは、GMによれば非常に高い柔軟性が特徴で、多様なボディ・スタイルや駆動方式のモデルに応用が利き、設計や開発に必要な時間を短縮できるとのこと。今後はキャデラックのみならず、シボレーやビュイックを含むGM傘下の各ブランドから、様々な顧客や市場に向けて、このプラットフォームを使った新型EVが続々と登場するはずです。

ドライブ・ユニットとなるモーターは車体の前後に搭載できるようで、前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動の全てに対応できるとのこと。バッテリーの方も車体や顧客のニーズに合わせ、容量や搭載レイアウトを調節できるそうです。キャデラックのスティーブ・カーライル社長の言葉によると、そのバッテリーは「製氷皿に載った角氷のようなもの」で、「同じ冷凍庫の製氷皿で製造した角氷を、色々な飲み物に好きなだけ入れられるように」、同じバッテリーを異なる種類のクルマに、様々なレイアウト/容量で搭載できるとのこと。

もっとも、これは特に目新しい発想ではなく、例えば日産のEV「リーフ」は、A4よりやや小さなサイズで厚さ8mm以下の("レトルト食品のパックのような"と表現される)ラミネート構造のバッテリーセルを、何枚も積み重ねてバッテリーモジュールとし、さらに複数個のそれを接続してクルマに搭載しています。現在GMのシボレー・ブランドから販売されているEV「Bolt」も、韓国LG製のこれと似た形状のバッテリー・セルを、まるで寝かせた本棚に薄い雑誌をぎっしりと並べたような形で、フロア下と後部座席背後に積んでいます。もう一方のEV界の雄、テスラでは単三乾電池のような円筒形のバッテリーセルを並べて構成されたバッテリーパックを採用しています。

Cadillac Shows Brand's First Fully Electric EV

キャデラックは今からちょうど6年前に、「ELR」というプラグイン・ハイブリッド車を発表しましたが、7万5,000ドルという価格はそのパワートレインのベースとなったシボレーの初代「Volt」より3万ドルも高かったこともあってあまり売れず、わずか3年で生産終了。その後継として2016年に登場した「CT6」のプラグイン・ハイブリッドも、成功しているとは言えません。これら2台のプラグイン・キャデラックがセダンであったことも、新しいEVには反省材料として活かされていると思われます。

なお、キャデラックは1月13日、北米国際オートショー開幕前夜のイベントで新型3列シート・クロスオーバーの「XT6」を公開し、さらに高級SUV「エスカレード」の改良型と、新しい高性能セダンの計画についてもほのめかしました。同ブランドでは2021年まで、6ヶ月に1台の新型車を発表するとしています。キャデラックとGMの「完全電動化された未来に向けて先駆けとなる」次世代型EVについては、「発売時期が近づいたら車名と詳細を公表する」とのこと。現時点では価格帯や航続距離、動力性能など一切明らかにされていません。デザインがこのまま市販されるかどうかも不明ですが、いずれにせよ"完全電動化された未来"のキャデラックに、かつてエルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンが愛したピンク色のボディ・カラーがあまり似合わないことは確かでしょう。

Gallery: Cadillac First Fully Electric EV | 2 Photos

2






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Cadillac
32シェア
0
32
0
0

Sponsored Contents