Sponsored Contents

securityの最新記事

Image credit:
Save

IoTの力で防犯対策。「ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro」導入レビュー

カメラやドア/窓センサーなどで事務所を守る

いーじま (Norihisa Iijima), @WipeOut2008
2019年1月15日, 午後12:00 in security
28シェア
0
28
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

昨年、筆者が自宅の近所にアパートを借りて、事務所として利用開始した話は、自作PC組み立てNURO光導入NAS新規導入として記事化してきました。そして今回、新たに導入したのは、防犯のためのホームセキュリティーシステムです。

といっても、何かあったらセキュリティー会社の人が駆けつけてくれるという仰々しいものではなく、IoT機器を使って手軽に監視するというもの。2018年7月に、クラウドファンディングサイトmakuakeで見かけた「ORVIBO(オービボ)ホームセキュリティーキット Pro」(価格3万2400円)です。一式まとめて手に入って、月額費用もかからないというので自腹で出資し、目標金額に達成したため、昨年10月に製品が届きました。今回は、この製品をレポートしたいと思います。

Gallery: ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro | 30 Photos

30

カメラとハブ、センサーの5点セット


借りているアパートはとても古い建物で、室内はリフォームしているものの、サッシもドアも昔のママ。一応、いろいろな機材が置かれているので、誰もいないときに外部から侵入されたらと思うと、一抹の不安を覚えます。かといって、セキュリティー会社にお願いするほど重要なものもなく資金もないので、監視カメラとかを置くしかないのかなと考えていました。

そんなとき出会ったのがこの製品のプロジェクトです。製品自体はすでに海外で販売されていたものですが、日本ではまだ販売されていませんでした。IoT機器で手軽に防犯対策ができることを知り、すぐにプロジェクトへ出資。無事手に入れることができました。

とっくに製品は到着していたのですが、なかなか忙しくて開封できず、ようやくこの正月に設置。運用したというわけです。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro

まずは、製品の中身から。ホームセキュリティーキットとして以下のものが入っています。
  • ZigBeeミニハブ
  • モーションセンサー
  • ドア/窓センサー×2
  • Wi-Fiスマートカメラ
の4種5点です。動作するためのUSB電源アダプターやケーブル類、電池も同梱されているので、ほかに何か買う必要なくスマホさえあれば即、防犯対策ができます。

管理にはスマホアプリ「HomeMate」を使います。iOS用もAndroid用も用意されているので、誰でも使えるでしょう。アプリをインストールしたら、まずはデバイスの登録です。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲「HomeMate」アプリは日本語化されているので、迷わずに使えるはず。多少日本語が変な部分もあるが、それはご愛嬌。ただヘルプがないのはちょっと心もとない面も

さっそく事務所へ設置し設定

最初にZigBeeミニハブを登録します。これは乾電池駆動であるドア/窓センサーやモーションセンサー用のハブで、消費電力を少なくするためZigBeeという近距離無線通信規格を使っています。ミニハブは、有線接続なのでルーターやスイッチングハブと付属のケーブルで接続します。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲「ZigBeeミニハブ」は有線接続のみ。電源はUSB経由で給電

電源は同梱のUSB電源アダプターで供給。ボタンを長押しすると、アプリから検索できる状態になるので、デバイス追加で「スマートハブ」の追加を実行します。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲最初だけボタン長押ししてリセットを掛けて、アプリからデバイス登録を実行する

登録がすんだら、続いて各デバイスを登録していきます。ミニハブと同様にデバイスの追加から、登録する機器を選択して実行していきます。

スマートカメラは、QRコードが底にあるので、それをスマホで読み取って登録。ミニハブと同様USB電源アダプターで給電し、背面にある穴に付属の棒を挿してリセットをかけると「Wi-Fiと接続する準備が整いました」としゃべるので、Wi-Fiの登録作業をします。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲底面にQRコードがあるので、それを読み取ってリセットをかける

ORVIBO ホームセキュリティーキット ProORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲スマートカメラはWi-Fi接続でアプリと接続する

このとき注意点が1つ。アプリでWi-Fiの設定をするのですが、登録するWi-FiのSSIDはスマホで接続している情報から取得する設定のようで、これが変更できません。このため、2.4GHz帯しか対応していないのに、5GHz帯で接続していると変更できず詰みます。登録作業をする前に、スマホを2.4GHz帯で接続するようにしておきましょう。

無事登録が終了すると、LEDが青色に変化し「Wi-Fiに接続しました」としゃべります。

ドア/窓センサーの場合は、まず同梱のボタン電池を入れてから、取り付け用の両面テープを剥がして設置します。センサーと磁石が対になっていて、1cm以上離れたり接近したりするとセンサーが反応する仕組みです。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲玄関のドアにセンサーを取り付けたところ。磁石と少し離れるだけで反応する。本体はボタン電池で駆動し、電池が少なくなるとアプリに警告が出る

事務所では、ドアに磁石、ドア枠にセンサーを設置。窓の場合は両側が開くため、磁石を窓、サッシの枠にセンサーを設置。写真のようにすることで、どちら側が開けられても反応します。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲こちらは、窓に取り付けたセンサー。どちら側が開いても反応するように、真ん中の開閉のじゃまにならない位置に設置

もう1つ、モーションセンサーですが、こちらは熱源に対して反応するもの。人がセンサーの前を通れば、反応します。一応、今回設置しましたが、防犯用として使うには事務所は狭いため、ドア/窓センサーとカメラだけで十分です。広い家なら、それらを設置していない部屋で、窓へ向けて設置すると、泥棒が侵入したときに反応してくれるので、そういった用途にも使えます。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲壁付けのアタッチメントでモーションセンサーを設置。反応距離は、だいたい2m~3m程度だった

各種センサーによる防犯対策力


さて、実際に使ってみましたが、スマートカメラは数秒のタイムラグはあるものの、ドア/窓センサーやモーションセンサーに関しては、ほとんどタイムラグなくすぐにアプリへの通知がきます。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲ドア/窓センサーの感知したときの通知。開いているか閉まっているかを瞬時に知らせてくれる

スマートカメラは、設定メニューからフレームレートやモーション検出、サウンド検出などの設定ができ、録画はmicroSDカードへの保存のほか、有料でクラウドへアップできます。筆者の場合は32GBのmicroSDを購入して使っていますが、1日録画していてもHD画質で2GB程度。解像度はフルHDにもでき、容量がなくなったら古いものから順次消されていくので、大容量でなくても十分でしょう。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲スマートカメラの設定画面

カメラは壁に設置できるアタッチメントが同梱しています。ただ、ネジか両面テープを使うため今回は使用していません。底面は磁石になっているので、金属のところに設置することもできます。筆者の場合は、テーブルの上に置いて利用しました。

ただ、microSDカードはカメラ背面に挿すタイプなため、侵入した犯人がこれに気がついて抜いてしまったらアウトです。ただ、センサーに反応した時点で気が付き、録画ボタンを押すと、リアルタイムの映像をスマホに録画できます。これを使えばたとえmicroSDカードを抜かれても記録は残りますが、なるべく手の届きにくいところに設置するのが吉かもしれません。NASと連携できればいいのですが、SynologyのNAS用監視カメラアプリでは接続できませんでした。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲microSDカードスロットは背面にあるが、気がついたらすぐに抜かれる可能性も。手の届きにくい位置にカメラを設するのが無難か

また、スマホからスピーカー機能を使って侵入者へ呼びかけられるので、多少は効果があるかもしれません。もしものときに臨機応変に対応できるよう、いろいろと訓練しておくといいかもしれません。

使っていて気になった点は、スマートカメラの近くでアプリを起動して映像を視聴すると、「チリチリ」というノイズがスピーカーから発生します。アプリでマイクをオンにするとハウリングを起こすので、カメラの近くではあまり試さないほうが良いでしょう。

あと、カメラのモーション検出が通知されたとき、アプリでチェックしに行くと、すぐには検出した時点の録画データを再生できません。まぁ、その検知が侵入者だった場合は、リアルタイムの映像で確認してもその場にいるでしょうから、大きな問題ではないかもしれません。でもすぐに確認できるようになるとありがたいですね。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲赤い線のところが変化を検出したところ。青色の部分は常時録画している部分で、再生可能

ただ、カメラのモーション検出はハンパなくよすぎて、設定を「低」にしましたが、それでも虫が一瞬カメラの前を横切っただけで反応します。おかげで、かなりの頻度でアラートが鳴った日もありました(笑)。また、外光が差し込んだり、暗くなって赤外線照射に切り替わるときも反応するので、これなら室内の明暗にかかわらず侵入者を捉えたら確実に反応してくれるでしょう。逆にもう少し過敏さを抑えてもいいかなと思いました。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲赤外線照射したときのスマートカメラ

映像もすこぶるキレイで、真っ暗な状態の赤外線照射した映像でも十分明るく認識できます。事務所と自宅とで家族とやり取りに使うカメラとして使ってもいいかなと思いました。

ORVIBO ホームセキュリティーキット ProORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲明るいときと暗いときの映像。HD画質の設定で、アプリからキャプチャできる

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲アプリから喋ったり、ビデオを録画したり、キャプチャしたりが可能。音声も聞こえる

アプリには「セキュリティ」画面から、「外出中」と「在宅中」、「セキュリティ解除」の3つのモードがあります。「外出中」と「在宅中」で、デバイスによってアラート通知するかどうかが設定できます。どちらもカメラの録画は随時行なわれています。「セキュリティ解除」は、センサーが反応した記録は残るものの、アラートはなく、カメラの録画記録はセンサーが反応したときのみになります。

ORVIBO ホームセキュリティーキット ProORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲外出中にすると、センサーが反応したときにアラート通知する

過去にセンサーが記録した情報は、カレンダーから確認もできます。デバイスの設定から記録を消すこともできますが、アラートが発生すると画面が赤色に変化するのですが、何もなかったときにアラート状態を解除できません。このあたりは、アプリの改善をお願いしたいですね。

追加デバイスで家電管理も


「HomeMate」アプリは、さまざまなIoT機器と接続できます。たとえば「ORVIBO スマート家電リモコン」を導入すれば、赤外線リモコンで操作できる家電を、このアプリから操作できるようになります。

よく、エアコンをつけっぱなしで事務所を離れることがあるので、防犯だけでなく外出先から家電もコントロールできればと思っていましたが、コントロールを1つのアプリでまとめられるので、「ORVIBO スマート家電リモコン」もポチりました。

ORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲とても小さい赤外線リモコンコントロール「ORVIBO スマート家電リモコン」

これにより、スマホでエアコンや照明がコントロールできるようになり、さらに各種デバイスと組み合わせて動作させることもできます。例えば、モーションセンサーと照明を組み合わせて、人感センサー付き照明のようにしたり、ボタン1つで照明とエアコンを消して、「外出中」モードにするということもできます。

ORVIBO ホームセキュリティーキット ProORVIBO ホームセキュリティーキット Pro
▲エアコンと照明をコントロールできるようにした。Alexaにも対応しているが、機能的にはいまいち。よりサポートしてほしい

ということで、このホームセキュリティーキットを導入してかなり満足しています。防犯用カメラでの監視はよくありますが、ドア/窓の開閉感知センサーでアラームタイプは見かけるものの、こうしたIoT機器はまだ数が少ないかと思います。自宅にも導入してまとめて防犯管理したくなりました。導入も手軽なので防犯用のセキュリティーを考えている人は、検討する価値ありです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: alexa, gadgetry, IOT, ORVIBO, security
28シェア
0
28
0
0

Sponsored Contents