Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

月面初の植物栽培。着陸の中国探査機「嫦娥4号」で探査機で綿花が発芽

もしハエの卵がかえったらウジ虫が...

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年1月16日, 午後08:50 in Space
55シェア
10
45
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
2019年1月3日に月の裏側への着陸に成功した中国の月面探査機"嫦娥4号"の中で、綿の種子が発芽しました。これは月面で初めて植物が生育した例となります。もちろん、正確には月面に着陸した宇宙機の中で初、ということであり、月に根を張って生育しているわけではありません。

それでも、月面の重力は地上の1/6とされ、ほとんど大気がないことから昼夜の温度差は200℃以上にのぼる環境で快適性を維持するのは非常に難しいとされます。こうした課題をのり越えての今回の綿の発芽は称賛されるべきできごとと言えそうです。

嫦娥4号はその内部に綿のほか、じゃがいもの苗、イースト菌、ミバエの一種の卵などを詰め込んでおり、それらが生育するのに必要な環境を維持するようになっています。したがって、綿以外の植物や菌、昆虫が月面(の宇宙機の中で)で繁殖する可能性はまだあります。

そして、月面で植物を育てることが可能になれば、約2年半ともいわれる火星への道程において、宇宙での食物収穫の可能性を拡げ、食料としてだけでなく、油脂その他の補給物資を節約できるようになるかもしれません。宇宙船の中では限度があるものの、たとえばじゃがいもが順調に生育できれば、それは食料として大きな期待を担うことになり、菜種は油を、綿花は衣類の製造を可能にします。

もちろん現状は、月面の保護された環境下で種子が芽吹いただけの話です。まだまだ地球の外の世界における農場の開拓は現実的ではありませんが、少なくともその地平を切り拓く第1歩と言うことはできそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

55シェア
10
45
0

Sponsored Contents