Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ワイヤレス充電にも対応のApple純正バッテリーケース「iPhone XS Smart Battery Case」を早速使ってみた

着脱しやすいからサブケース的に持ち運ぶのもアリ

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年1月18日, 午前06:30 in Apple
69シェア
0
69
0
0

連載

注目記事


Appleは1月16日、iPhone XS/XS Max/XR向けにバッテリー内蔵ケースを発売しました。その中からiPhone XS向けとなる「iPhone XS Smart Battery Case」のホワイトを購入してみたので、使用感をお伝えします。

iPhone XS Smart Battery Caseは簡単に言うと、モバイルバッテリーが一体となったiPhone XS向けのケースです。iPhone XS、ケース(のバッテリー)ともに満充電状態であれば、連続通話時間が最大33時間まで、インターネット利用が最大21時間、ビデオ再生が最大25時間にまで延長されます(iPhone XS単体での利用時に比べ、バッテリーの持ちがそれぞれ+13時間、+9時間、+11時間される格好)。対応OSはiOS 12.1以降となっています。

Gallery: iPhone XS Smart Battery Case | 14 Photos

14

開封からiPhone XSへのセットまで

ITコンシェルジュ

ITコンシェルジュ

ITコンシェルジュ

外箱を開封し、内箱をスライドすると、iPhone XS Smart Battery Case本体が現れます。説明書・保証書類はケース本体の内側に同梱されていました。

ITコンシェルジュ

ケースの材質は、外側がシリコーン製、内側がマイクロファイバーです。背面のバッテリーが内蔵されている部分にはポコっと段差があって盛り上がっており、バッテリーが無い上部は柔らかくしなります。ヒンジ部にはソフトなエラストマー素材が用いられているとのことです。

ITコンシェルジュ

端末を装着するには、ケースの上部を反らせた状態でiPhone XSをスライドさせていきます。ケース下部内側のLightning端子を端末のコネクタへ接続し、ケースの上部を端末縁に被せればセット完了です。外すときは逆の手順で行います。

ITコンシェルジュ

iPhone XS Smart Battery Caseを装着したタイミングで画面にバッテリー残量が表示されました。左側にケース、右側にiPhone XSの電池残量がそれぞれ確認できます。なお、製品開封時には、バッテリーケースの電池残量が0%になっていたので、使用する前に一度充電する必要があります。

手に持った際の印象について

ITコンシェルジュ

ITコンシェルジュ

iPhone XS Smart Battery Caseは、端末の縁までしっかりと覆うデザインになっています。ホームインジケーターバーが表示されるディスプレイ下部にも縁があるので、端末の縁からスワイプアップする際に気になる人もいるかもしれません。この点は同じ公式アクセサリの「レザーケース」とは異なります。

ITコンシェルジュ

ITコンシェルジュ

一方、側面のボタン類は、iPhone XS Smart Battery Caseを装着した状態でも軽やかに押せました。操作上の違和感は感じられません。

ITコンシェルジュ

ケース下部にはLightningコネクタが備わっているので、ケースをつけたまま有線での充電や、外部機器との接続も可能。スピーカー、マイクを確保する穴も開いています。試しにApple Musicで数曲再生してみましたが、音がこもるようなことはありませんでした。

ITコンシェルジュ

カメラ用の穴はさほど深くなく、撮影に影響ありません。フラッシュをオンにして撮影しみても、ケースで光が反射するようなこともありませんでした(サードパーティ製アクセサリだと稀にある)。

なお、iPhone XS Smart Battery Case装着時の重さは、一般的なケースを装着しているのと比べればずっしりと感じますが、バッテリー内蔵ケースとしては一般的。この手のケースを使ったことがある人ならば、さほど気にならないでしょう。シリコーンの肌触りが滑らかでホールド感がよく、乾燥した手でもスリップしないので、冬の屋外でも安心して使用できます。

ITコンシェルジュ

iPhone XS Smart Battery Case自身の充電はLighgtningケーブルのほか、Qi規格のワイヤレス充電器でも行えます。さらにUSB-PDにも対応。
iPhone XSに装着した状態で充電する場合、まずは端末本体が優先的に行われますが、ケースも徐々に充電されていくのを確認しました。

ITコンシェルジュ

iPhone XS Smart Battery Caseの価格は税込で1万5984円。バッテリーケースとしてはやや高めの設定です。しかし、着脱しやすく、装着時に電池残量が表示される、ケースを外すことなくワイヤレス充電に対応するなど、使い勝手の良さは価格に見合うと感じました。

ちなみに、iOS 12.1へアップデートしたiPhone XにiPhone XS Smart Battery Caseを装着してみたところ、特に問題なく利用できました。ただ、Apple公式の製品ページにも記載されているとおり、iPhone XS Smart Battery CaseはiPhone XS向けの製品。あくまで参考程度に留めておいてください。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
0
69
0
0

Sponsored Contents