Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

「クアルコムの技術なしにはiPhoneは存在しなかった」米独禁法裁判でライセンス料をめぐる論戦

技術革新の功績は誰しも認めるが、独占はよくないということ

Kiyoshi Tane
2019年1月17日, 午後04:00 in smartphone
41シェア
0
41
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
AP Photo
米連邦取引委員会(FTC)が米大手半導体企業クアルコムを相手取った訴訟にて、クアルコム側の反論が開始されました。そのなかで「クアルコムの技術革新がなければ、今日のiPhoneを初めとするスマートフォンは存在しなかった」旨が主張されたと報じられています。

本訴訟は、スマートフォン用モデムチップで圧倒的なシェアを持つクアルコムが、その地位を背景に端末メーカーに対して不利な契約条件を無理強いしたり、過剰なライセンス料を要求するなど独占禁止法に違反する行為を行っているとして、FTCが提起したもの。

FTCはアップルやサムスン、インテルやファーウェイといった関連企業から証人を呼び、クアルコムのライセンス戦略がモバイル業界にもたらした悪影響について証言させています。

さてクアルコムの反論は、FTCが「欠陥のある法理論」に基づいているとの主張からスタート。なぜなら、顧客が我が社のモデムチップを選ぶのは最高品質だからであり、ライセンス料をめぐって争っているときでも顧客にプロセッサを提供するのを辞めたことは一度もないと述べています。

ちなみに、この主張は同じ法廷でアップル幹部が述べた「iPhone XSやXR用のモデムチップをクアルコムに売ってもらえなかった」旨の証言と矛盾するものです。

続いてクアルコム側は、共同創設者のIrwin Jacobs氏と、4Gおよび5Gのオペレーションを担当する上級副社長のDurga Malladi氏が、CDMA(符号分割多元接続)方式をいかに開発および技術革新してきたかを証言しています。

CDMAとは通信技術の一方式であり、現在主流の4G LTEや次世代通信規格「5G」といったモバイルデータ通信の基礎となっているもの。すなわち、あらゆるスマートフォンにとって不可欠の技術といえます。それと同時に、CDMAを基礎とするモバイル通信技術を用いたデバイスでは、クアルコムのライセンスを決して避けては通れないわけです。

モバイル通信技術の先駆者の1人として知られるJacobs氏は、サンディエゴ(クアルコム本社の所在地)でドライブ中にCDMAを電話に用いるアイディアを思いついたという、同社の原点的な話と、CDMAの研究開発資金を得るためにライセンス供与を開始したという、現在のビジネスモデルの始まりを振り返っています。

そうした努力の末に「無線通信業界はモバイルインターネットアクセス、データ通信を提供することが重要だと認識し始めた」ことや「本質的にすべての第3世代ネットワーク技術はCDMAに基づいている」--Jacobs氏は、自社の功績をそのように総括しています。

クアルコムによる技術的な成果は、たしかに賞賛されるべきだ。ただし、独占的なものであってはならない--カリフォルニア大学バークレー校の教授でFTCの証人であるCarl Shapiro氏はそう述べた上で「本当に重要なことは、それほど規模の大きくない企業が、リーダー的な企業に追いつき追い越そうという挑戦を妨げられないことです」と証言しています。

ではライバル企業を萎縮させるほどのクアルコムのライセンス戦略とは、どれほどのものだったのか。

アップル関連情報サイトの9to5Macは、ざっと2つの論点に整理しています。1つは、アップルやその他のスマートフォンメーカーが、クアルコムからチップを購入する際、チップだけでなくデバイス本体の方でもロイヤリティが課されるということ。アップルはこれを「ダブルディッピング」(二重取り)と表現しています。

もう1つは、ライセンス料がデバイスの価格に比例して高くなるということ。たとえばiPhone XSなど多くの新技術が投入されたハイエンドモデルでは、モデムチップが占める役割は相対的に小さくなりますが、常に一定比率の課金が徴収されるわけです。アップル側は、最新iPhoneにおける革新のうちモデムチップが関係ない部分から、クアルコムが利益を得ているとしています。

本訴訟におけるFTCの主張は、要するに「クアルコムの高額なライセンス料戦略がデバイスの価格を引き上げている」ということです。他社はライセンス料を製品に上乗せするために割高になる一方で、クアルコム製品は自社技術の支払がない分だけ割安に見えるという仕組みというわけです。

海外にて、米国政府機関であるFTCと米企業のクアルコムが争う本訴訟。我々にとっては縁遠い話のようでいて、実はスマートフォンの価格に直結している話でもあることから、その行く末を見守りたいところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: CNET
関連キーワード: 4gLte, 5g, apple, cdma, ftc, iphone, mobile, modem, qualcomm, smartphone
41シェア
0
41
0
0

Sponsored Contents