Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

遠方の被写体も高画質に。OPPOがスマホ向けの光学10倍ハイブリッドズーム技術を披露

もはやコンデジ以上か

102シェア
22
45
0
35

連載

注目記事


約2年前のMWC 2017にてデュアルカメラによるスマホ向けの光学5倍ズーム技術を披露した、中国OPPO。ですが残念ながら、その技術を搭載したスマートフォンは市場に登場しませんでした。しかし同社はさらなる高みを目指し、今回同社は焦点距離が15.9〜159mmという、スマホ向けの光学10倍ズーム技術を披露したのです。

この光学10倍ズーム技術では、トリプルカメラシステムが採用されています。具体的には超広角カメラ、中央のメインカメラ、そして上段のペリスコープ方式のカメラから成り立っています。レンダリング画像を見るに、ペリスコープ方式のカメラは以前のデザインと同じく、3倍の光学ズーム仕様となっているようです。

この3カメラシステムは10倍のシームレスなズームを提供するだけでなく、メインカメラとペリスコープ方式のカメラでは光学手ブレ補正も利用可能です。さらにOPPOによれば、カメラモジュールも大幅に薄くなっているとのこと。

このカメラモジュールは量産可能な段階にあるものの、具体的な搭載端末についての情報はまだありません。来月開催されるMWC 2019にて、なんらかの発表があることを期待しましょう。

なお、ペリスコープ方式のカメラをスマートフォンに搭載するというアイディアは新しいものではありません。OPPOが光学5倍ズームを発表する以前にも、台湾ASUSは同方式で光学3倍ズームを実現した「ZenFone Zoom」を発表しています。ただし、こちらのカメラはセンサーの問題により、撮影クオリティに若干難がありました。

OPPO 10x Camera

さらに、OPPOは光学式のディスプレイ指紋認証機能に関する発表も行なっています。新方式では読み取りエリアが約15倍に広がり、2つの指紋の同時読み取りが可能になることで、よりセキュアな生体認証が可能になります。

ただしこちらに関しても、中国シャオミのLin Bin社長が、読み取りエリアの広いディスプレイ指紋認証機能をOPPOの数時間前に発表。現状の中国スマートフォンメーカーの激しい争いが伺えます。

いずれにせよ、ディスプレイ指紋認証機能は登場したばかりの技術。今後も発展することでしょう。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: OPPO (1), (2), Xiaomi
関連キーワード: camera, cameras, oppo, smartphone, smartphones
102シェア
22
45
0
35

Sponsored Contents