Sponsored Contents

phoneの最新記事

Image credit:
Save

ブラザー工業が電話機付きインクジェットプリンター「PRIVIO」5機種を3月上旬に発売

低ランニングコストで印刷可

PR TIMES
2019年1月17日, 午後10:30 in Phone
47シェア
5
9
0
33

連載

注目記事


超大容量インクカートリッジ搭載の「ファーストタンク」シリーズ1機種も追加!

ブラザー工業株式会社の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社は、インクジェットプリンター「PRIVIO(プリビオ)」において、超大容量インクカートリッジを搭載した「ファーストタンク」モデル1機種を含むファクス・電話機付きモデルの新製品5機種を2019年3月上旬より発売する。

今回発売する「プリビオ」は、2018年9月に発売を開始した超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」シリーズ初の電話機付きモデルをラインアップに追加することで、従来機種から好評のSOHOや飲食店はもちろん、事務所やクリニックなど、印刷枚数がより多い法人向けの販売を強化していきたいとしている。



●製品特長
超大容量インクカートリッジ搭載の「ファーストタンク」シリーズの電話機付きモデルが登場


超大容量インクカートリッジとサブタンクを搭載した「ファーストタンク」シリーズに電話機付きモデルを追加した。カートリッジタイプの使いやすさはそのままに、標準機種※1対応のインクカートリッジ※2と比べてブラックは約16本分、カラーは約10本分のインク量を搭載。A4モノクロ文書なら約6,000枚※3,4印刷できるため、面倒なインク交換の頻度が大幅に少なくなる。また、標準機種のA4モノクロ約2.7円・A4カラー約8.4円から、A4モノクロ約0.7円・A4カラー約3.7円と低ランニングコストを実現している。

ファーストプリントスピードの向上
印刷ボタンを押してから、1枚目の印刷が完了するまでの時間が従来機種より約5秒速くなり、約14.0秒から約8.5
秒※5に。少ない待ち時間で印刷ができる。

※1:MFC-J998DN/DWN,MFC-J738DN/DWN。
※2:LC3111BK/C/M/Y。
※3:印刷枚数算出に使用したインクカートリッジはLC3135BK/C/M/Yです。
※4:ファーストタンクモデルの同梱インクはLC3133BK/C/M/Yのスターターインクカートリッジです。ランニングコストはLC3135 BK/C/M/Yで算出しています。
※5:A4カラー印刷の場合。A4モノクロの場合は約13.0秒から約8.0秒に短縮。

<お客様 お問い合わせ先>
サポートサイト(ブラザーソリューションセンター) URL:http://support.brother.co.jp
ブラザーコールセンター TEL:0570-061015

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
関連キーワード: phone, printer
47シェア
5
9
0
33

Sponsored Contents