Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

Wiko、日本を諦めてなかった 1年ぶり新モデル「Tommy3 Plus」1.5万で発売へ

MWC後にハイエンドモデルも投入

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年1月18日, 午前10:58 in Android
96シェア
6
90
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ウイコウ・ジャパン(Wiko)は、SIMフリースマホ「Tommy3 Plus」を2019年1月25日に発売します。価格は1万4800円(税抜)です。

Wikoはフランス発のベンチャー企業。日本参入から3番目となる「Tommy3 Plus」は、縦長ディスプレイや狭額縁デザインといったトレンドを抑えつつ、1万円台半ばという価格を実現したエントリーモデルです。カラーバリエーションはWikoブランドのイメージカラー「ブリーン(ブルーグリーン)」や「チェリー・レッド」など4色を用意します。

Wiko Tommy3
Wiko Tommy3

低価格な分、スペックは同世代のスマートフォンの中でもかなり控えめ。CPUは1.5GHzの4コア(MediaTek製MT6739WW)を搭載。メモリー(RAM)は2GBで、ストレージ(ROM)は16GBとなっています。

一方で、LTEでは国内3キャリアでVoLTEの動作確認を実施済み。au網とソフトバンク網については、キャリアの接続性試験(IOT)をクリアしています。SIMカードを2枚同時に使える「DSDV」もサポートします。2枚のSIMスロットに加えて、microSDスロットを備えているため、2回線とmicroSDを同時に利用できます。ただし、SIMサイズは現代の主流となっているnanoSIMではなくmicroSIMに対応しており、nanoSIMは付属のアダプターを装着して利用する形になります。

Tommy3 Plusは主要量販店とMVNOのほか、Amazon.co.jp内のWiko直営ストアで販売されます。直営ストアでは18日より予約販売を開始しており、先着100名の購入特典として専用手帳型ケース(日本未発売)がプレゼントされます。

Wiko Tommy3

■1年間、何していた?

Wikoは2013年、フランスで創業したスマートフォンブランド。中国に3カ所の工場を持ち、世界の35カ国で事業を展開しています。低価格なスマートフォンで支持を集め、特にヨーロッパではシェア上位を獲得する国もあります。

日本では2017年2月に「Tommy」を発売して参入。同年12月には縦長ディスプレイの「View」を投入しました。2018年2月にはViewの上位モデルをNTTレゾナントの「gooのスマホ」ブランドの「g08」として投入していますが、Wikoブランドとしての製品発表は今回のTommy3 Plusまで約1年間の空白があります。

技術の進化の早さから、半年、または四半期で新製品を投入することが多いスマートフォンメーカーとして、新製品投入までに1年の間が空くのは珍しいこと。質疑応答では記者から「撤退したのかと思っていた」という声がきかれたほどでした。

2018年の1年間、ウイコウ・ジャパンは何をしていたのかという質問に対し、同社広報のMiya Chen氏は「日本市場は消費者として商品に対する品質要求が高い市場。年にたくさんの商品を出すより慎重にやっていく。当社は現在、年間1~2機種に絞って展開する方針をとっている」と説明しました。

また、この間、ウイコウ・ジャパン社内の体制も変化しているとのことで、2017年12月にViewを発表したセールスマネージャーは一身上の都合で退職。現在はWiko本社で東南アジアのマネージャーを務める劉昕(LIU XIN)氏が同社の代表取締役を兼任する体制となっています。

Wikoは今後、Tommy3 Plusより高性能な、ハイエンド級とミドルレンジ級のスマートフォンの日本への投入を検討しているとのこと。グローバル向けには2月に実施される「MWC 2019」で新機種の発表を予定しており、「MWCで発表する新機種を、日本に投入するかどうか社内的に検討することになる」(Chen氏)としています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Android, mobile, SimFree, smartphone, Wiko
96シェア
6
90
0

Sponsored Contents