Sponsored Contents

challengeの最新記事

Image credit:
Save

危険なチャレンジやいたずら動画を禁止に。YouTubeのガイドラインが改訂

『Bird Box』に触発された衝突事故に対応……したわけではないそうです

Kiyoshi Tane
2019年1月18日, 午後01:15 in Challenge
423シェア
0
423
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

Netflixのオリジナル映画『Bird Box』に触発された危険な行為が物議を醸しているなか、YouTubeは1月15日(米現地時間)コミュニティガイドラインの改訂を発表しました。

今回の改訂では、「危険なチャレンジと悪ふざけ」に関するポリシーを更新。子供に「深刻な精神的苦痛」を引き起こしたり、「重大な身体的危害」があると思わせたりする行動を含む、危険または有害なすべてのチャレンジやいたずら動画を禁止することが明記されています。

昨年末に公開された『Bird Box』は、リリース後10日で視聴アカウント数が4500万を超える超人気作です。その主人公になりきって、目隠ししたまま危険行為に挑戦する"BirdBoxChalleng"が全米の若者に大流行し、ユタ州の17歳の少女が運転中に目隠しして衝突事故を起こす事態にいたっています。

それから数日後のことで、YouTubeにもBirdBoxChalleng動画が多数投稿されているため、事故とポリシー変更に因果関係があるとの憶測を呼んでいたわけです。

もっとも、ここ数年のYouTube上では「危険なチャレンジ」や「悪ふざけ」はしばしば問題視されてきました。2017年には子供に残酷な「いたずら」をする動画を投稿した両親が、州の法執行機関に通報されて親権を失うことに


そして2018年初頭には若者達が洗濯用洗剤タイドを食べる「タイドポッドチャレンジ」が大流行して、YouTubeやFacebookからは多数の動画が削除されています。
なお、YouTubeは米Engadgetに、今回のポリシー改訂が特定のチャレンジに対応したものではなく、数ヶ月前から準備していたと連絡しています。また、BirdBoxChalleng動画がすべて禁止されるわけではなく、いくつかの動画は残ることも明らかにされています。

むしろYouTubeは、子供に危害を加える、もしくは危険な状況にさらす動画を懸念しているとのこと。社会的にも身体的にも弱い立場にあり、あるいは判断力も未発達で危険を十分に認識しにくい子供への配慮に重きが置かれているのは、「テレビよりも先にYouTubeに触れる」近年の傾向からもうなずけそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: challenge, google, internet, netflix, youtube
423シェア
0
423
0
0

Sponsored Contents