Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

USBメモリーに指紋認証を組み込んでセキュア化したPQI「マイロッキーフラッシュ」が秀逸

タッチするだけでドライブ出現

いーじま (Norihisa Iijima), @WipeOut2008
2019年1月19日, 午前11:05 in gadgetry
141シェア
0
73
0
68

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View


セキュアなUSBメモリーというのは、これまでもいろいろありました。暗号化したりパスワード設定したりと手法もいろいろとありますが、アプリを実行していないと解除できず、利用するOSが限定な上、扱うには面倒でした。それを克服したのがPQIの「マイロッキーフラッシュ」です。セキュリティーを解除するためだけに、なんと指紋認証を装備。今回は、この製品をレビューします。

Gallery: マイロッキーフラッシュ | 19 Photos

19

マイロッキーフラッシュ

よく指紋認証のないマシンに指紋認証機能をもたせるためのUSB機器はありますが、これはUSBメモリーに保存したデータへアクセスするだけのもの。ただ、ボディーは金属製でガッチリしており非常に重厚感があります。キャップも金属製で、しっかりハマるため、外すのに少々力が入りました。

マイロッキーフラッシュ


まず、このUSBメモリーを利用するにはWindowsで指紋の登録が必要です。USB端子に挿すと、「CDドライブ」として認識され、中身が表示されます。マニュアルとともに「FPU.exe」という実行ファイルがあるのでこれを実行。すると、パスワードの設定と指紋の登録ができます。

マイロッキーフラッシュマイロッキーフラッシュ

パスワードを登録したあと、指紋の登録画面になります。最大10個まで登録できるので、複数の指を登録したり、複数の人が登録することでUSBメモリーを共有することもできます。登録方法はいたってシンプルで、登録名を付けたあと、指を数回認証部分にタッチすれば登録完了になります。あとは、USBメモリーとして認識されれば、OSを問わず利用できます。一応対応OSは、Windows、Mac OS、Linux、Androidとなっています。

マイロッキーフラッシュマイロッキーフラッシュ

USB端子に挿すと、先程と同様「CDドライブ」として認識されますが、ここで指紋認証を実行すると、USBメモリーに付いているLEDランプが青色から緑色に変化。すぐに「Security」というドライブが認識され、アクセスできるようになります。

マイロッキーフラッシュ
▲USB端子に挿すと青いLEDが光る

マイロッキーフラッシュ
▲指を当てると、瞬時に認証してくれ、緑色のLEDが光る。認証されない場合は赤色に光る

マイロッキーフラッシュ
▲「Security」というドライブが現れる。この中にファイルを保存する

あとは、普通のUSBメモリーと同様に利用するだけです。ファイルの読み書きも遜色なく、特にアプリを実行するまでもないため、非常にスピーディー。USBメモリーを使って機密情報をやり取りしたいときは、非常に有用なのではないでしょうか。

1点気になったのは、ちょっとだけ通常のUSBメモリーに比べて消費電力が大きいこと。簡易的な電圧電流チェッカーで計測したところ、電圧は約5Vでしたが、電流は0.07A前後。一般的なUSBメモリーだと、電圧は同じですが、電流は0.04A前後と、およそ2倍でした。

マイロッキーフラッシュマイロッキーフラッシュ
▲上は一般的なUSBメモリー、下が本製品。0.03Aから0.04Aほど高い

ただ、非常に微々たるものであるので、大きく違うことはないと思いますが、バッテリー駆動時に長時間挿していると、バッテリーの消費が早くなるかもしれないことを頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

実売価価格は、32GBモデルの「UDUFPSL-32」が5980円、64GBモデルの「UDUFPSL-64」が8980円、128GBモデルの「UDUFPSL-128」が1万1800円(いずれも税込)です。今回使ってみて感じたのは、この指紋認証付きというのは、セキュアなUSBメモリーのスタンダードになるかもしれません。設定さえ済んでしまえば誰でも説明不要で使える上、OSを選ばないのはとても有用でしょう。たとえ紛失してもデータは安全なので、セキュアなメモリーを求めているなら、一考の価値おおありです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: gadgetry, Gadgets, pqi, reviews, security, usb, UsbGadget, UsbMemory
141シェア
0
73
0
68

Sponsored Contents