Sponsored Contents

facebookの最新記事

Image credit:
Save

ロシア規制当局がFacebookとTwitterに「個人データ保存サーバを国内に置く」法律遵守を要求

通信ブロックはやりにくいようです

Kiyoshi Tane
2019年1月23日, 午前10:20 in Facebook
297シェア
209
46
0
42

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

ロシア通信・情報技術・マスコミ監督庁Roskomnadzorは、FacebookとTwitterがデータ関連の法律遵守に関する説明を怠ったとして、両社に対して行政手続きを開始すると発表しました。

同国では2015年9月に個人データの保存に関する法律(以下データストレージ法)が施行され、ロシア国民の個人データを保存するサーバーは全てロシア国内に置くように義務づけられています。

米WSJによれば、Roskomnadzorは昨年12月17日に両社にデータストレージ法を遵守すべきであると通知する手紙を送り、「合法的に有効な返答」をするために約1ヶ月の猶予を与えたとのこと。これに対してTwitterとFacebookはそれぞれ回答書を提出したとされます。

ところがこの回答書にはRoskomnadzorが要求した、法律に従う(ロシア国民の個人データを保存したサーバーをロシアに置く)ための計画や、遵守時期に関する具体的な記述がなかったとのこと。

さらにRoskomnadzorのスポークスマンは、ロシアのテレビ局にてFacebookとTwitterは情報提供を怠ったことで罰金を科せられる可能性があり「我々は彼らに行政責任を負わせる意向です」と述べたと伝えられています。

この件について、Facebookの広報はWSJからのコメントの求めに応じなかったとのこと。Twitterの広報担当者は「コメントはありません」と述べています。

つまり現時点で、ロシア当局が国内ルールを強制するための唯一の道具は罰金のみということ。しかし、米Reutersは「通常は数千ドルにしかならない」として、おそらく効き目がないと示唆しています。

昨年4月、RoskomnadzorのトップAleksandr Zharov氏は、Facebookが2018年末までにデータストレージ法に従うかどうかを見定め、もし従わない場合は「ソーシャルネットワークを(通信)ブロックする」問題が持ち上がるだろうと、ロシアの通信社Interfaxに語っていたとされています。

では、なぜ罰金ではなくブロックしないのか。米テック系サイトArsTechnicaは、チャットアプリTelegramがロシアの諜報機関に暗号鍵の提出を拒んだ際にブロックしたところ、大混乱を招いた例を指摘しています。

ロシア当局は、Telegramをブロックするために(VPNによる回避を防ぐ狙いで)アマゾンやGoogleのクラウドサービスに関する約180万ものIPアドレスをブロック。この範囲があまりに広すぎたため、関係のないオンラインゲームやモバイルアプリ、仮想通貨サービスが機能しない事態に発展してしまったわけです。

2つの大手ソーシャルネットワーク企業に事実上黙殺され、ロシア規制当局はどのように対応するのか。続報を待ちたいところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: WSJ, Reuters
関連キーワード: facebook, internet, russia, sns, twitter
297シェア
209
46
0
42

Sponsored Contents