Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

1月28日のできごとは「COOLPIX A10 発売」「HYBRID W-ZERO3 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年1月28日, 午前05:30 in today
46シェア
0
11
0
35

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

1月28日のおもなできごと

2006年、JR東日本が「モバイルSuica」サービスを開始
2010年、マイクロソフトが「Arc Touch Mouse」を発売
2010年、ウィルコムが「HYBRID W-ZERO3」を発売
2016年、ニコンが「COOLPIX A10」を発売

2016年:単3形電池2本で動く光学5倍ズーム搭載デジカメ「COOLPIX A10」

today
スマホに押されて低価格なコンデジの人気が落ちていますが、今でもコンデジが勝っている部分もあります。そんな特長をもつのが、「COOLPIX A10」。単3形電池2本で動くため外出先での急な電池切れでも対応しやすく、充電器やモバイルバッテリーを取り出してあたふたする必要がありません。

もうひとつ優れている点が光学ズーム。1万円ちょっとの低価格機なので高倍率は望めませんが、それでも5倍ズームレンズを装備。被写体をより大きく映せるというのは、ほとんどのスマホではできないだけに、コンデジの強みとなっています。

アプリによる写真の加工ができないこと、すぐにSNSなどへ投稿できないなど、写真を使って何かするには向いていませんが、純粋に写真を撮ることが目的であれば、今でもコンデジは便利なアイテム。スマホがあっても意外と活躍してくれます。

2010年:PHSだけでなく3G回線にも対応したWindows Mobile機「HYBRID W-ZERO3」

today
PHSのデータ通信機能とPDAとが合わさり、スマホとして大人気となったW-ZERO3シリーズ。Windows Mobile搭載機の中では、日本で最も売れたシリーズといって過言ではないと思いますが、その最終モデルとして登場したのが「HYBRID W-ZERO3」(WS027SH)です。

象徴ともいえるスライド式のキーボードは、テンキーのみですがしっかりと装備。本体は3.5インチ液晶(480×854ドット)を備え、Qualcomm MSM7200A、256MB RAM、512MBストレージ、重量約158gといったスペックです。最大の特長は、名前にもある通りPHSだけでなく3Gにも対応した「HYBRID」となったこと。これにより、高速な通信性能を手に入れました。

2010年1月といえば、すでにスマホとしての人気はiPhone 3GSが強く、さらに、Android機としてNexus Oneが登場した頃。屋外でのネット利用を身近にしてくれたW-ZERO3シリーズですが、このモデルで最後となりました。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
46シェア
0
11
0
35

Sponsored Contents