Sponsored Contents

cigaretteの最新記事

Image credit:
Save

「IQOS 3」全国のコンビニで販売開始、Marlboroより30円安い新フレーバー「HEETS」も登場!

業界のキングofキングスが猛ラッシュ!?

ナックル末吉, @nacklesueyoshi
2019年1月28日, 午後06:00 in Cigarette
57シェア
12
45
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

フィリップ モリス ジャパンは、同社の加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズの最新モデル「IQOS 3」と「IQOS 3 MULTI」を1月28日から、全国のコンビニでも販売すると発表しました。

HEETS▲コンビニで販売されるカラーはウォームホワイト(左)とベルベットグレー(右)の2色

加熱式タバコ界のキングofキングスが猛ラッシュ!?

IQOS 3とIQOS 3 MULTIは、昨年11月に発売され、これまでオンラインストアとフラグシップショップのみで販売されていました。今回の発表によると、本日より全国のコンビニでも購入することが可能になり、ただでさえ加熱式タバコ市場でトップシェアを誇る同社の地位がより不動のものになる情勢と言えそうです。

HEETS▲IQOS 3(左)実勢価格10,980円とIQOS 3 MULTI(右)実勢価格8,980円

ヒートスティックに新ブランド「HEETS」

また、IQOSのタバコ部分であるヒートスティックに、これまで海外で展開されてきた「HEETS」ブランドが日本でも発売されること発表されました。「HEETS」はレギュラー3種、メンソール1種の4銘柄で展開され、各20本入りで470円で販売されます。発売日は、全国9店舗のIQOSストアでは1月28日より、2月15日より全国のコンビニおよび主要タバコ店となっています。

HEETS▲左から、コク強めの「ヒーツ・ディープ・ブロンズ」、まろやかレギュラーの「ヒーツ・バランスド・イエロー」、軽やかレギュラーの「ヒーツ・クリア・シルバー」、爽やかメンソールの「ヒーツ・フレッシュ・エメラルド」各470円

ヒートスティックはこれまで、「Marlboro」ブランドで7銘柄が展開されていましたが、今回のHEETSの展開により、IQOSで喫煙可能な銘柄は全11種類となりました。HEETSは海外約30か国で展開されているグローバルブランドで、パッケージこそ日本向けにアレンジされていますが、タバコ葉のブレンドや味わいはそのまま。

気になるMarlboroとの違いですが、日本人に適した味わいを追求したMarlboroに対して、HEETSは世界向けに万人ウケするような味わいになっているとのこと。また、Marlboroブランドが一箱500円なのに対して、HEETSは30円安価な470円という点も見逃せません。

HEETS▲Marlboroとは一味違った日本向けパッケージ

HEETS▲ちなみにIQOSの生まれ故郷であるスイスで購入したHEETS

このHEETSですが、海外で販売されているものと中身は一緒でもパッケージが違う点について、パッケージのデザインで味わいを連想しやすいように配慮したとのこと。

ついに加熱式タバコがIoT化? LINEとの連携機能が解放された

フィリップ モリスでは、これまで以上にユーザビリティを高めるために「IQOS CARE PLUS」というサービスを本日から開始します。このサービスはIQOS本体をユーザー登録すると、通常6か月の保証期間が1年に伸び、さらに破損による故障でも1回に限り交換してもらえるというありがたい内容。

HEETS▲IQOS CARE PLUS

特筆すべきは、そのユーザー登録の方法です。スマホのLINEとIQOS 3またはMULTIをBluetoothで接続することで、ユーザー登録はおろか、バッテリー残量の確認やバイブレーターの設定まで行えてしまうというもの。

HEETS▲IQOSのLINE公式アカウント

HEETS▲IQOS 3 MULTIのキャップを外すとガジェクラの皆さんお馴染みの技適マークがコンニチハ

HEETS▲もちろんIQOS 3もフロントパネルの裏に技適マークがチラリ

大きく報じられていませんでしたが、IQOS 3とIQOS 3 MULTIには当初からBluetoothが搭載されています。これまで具体的な機能については公開されていなかっただけでした。

それがスマホ連携機能として解放されたことで、ユーザー登録やバッテリー残量の確認だけでなく、将来的にはバイブやインジケーターの動作パターンのカスタマイズ、日々の喫煙本数などを記録するなどの機能が追加される可能性まで帯びてきました。ちなみに、Bluetoothは超低消費電力の「Low Enargy」を採用しているため、スマホと連携したからといって、バッテリー不足で吸える本数が減ってしまう心配はなさそうです。

HEETS▲ペアリングすると、ユーザー登録も自動的に完了しIQOS本体のコンディションがスマホで確認可能に。加熱式タバコ初のIoT化

HEETS▲バイブレーションするタイミングをオン/オフできる設定画面。今後は、振動パターンのカスタマイズなどに期待

IQOS CARE PLUSは、加入するメリットが多いため、ユーザーであれば漏れなく登録するべし!




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: iQOS
関連キーワード: cigarette, cigarettes, iQOS, iQOS 3, iQOS 3 MULTI, tobacco
57シェア
12
45
0

Sponsored Contents