Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

WeChatのミニプログラムがApp Storeの脅威に?iOSやAndroidを「スーパーラップ」する可能性が指摘

そもそもApp Store Reviewガイドライン違反の可能性も

Kiyoshi Tane
2019年1月29日, 午前06:30 in mobile
179シェア
66
82
0
31

連載

注目記事


中国国内で絶大な人気を誇り、10億アカウントを超えたとされるメッセージングアプリのWeChat。昨年1月からはアプリ内で動くアプリである「ミニプログラム」の提供が始まり、プラットフォーム化が着実に進行しています。

そうしたミニプログラムの地位が確固となるにつれて、長期的に見ればアップルのサービス事業、具体的にはApp Storeに深刻な影響があるというアナリスト分析が報じられています。

ミニプログラムとは、WeChatアプリ上で提供される小規模のアプリのこと。個別にインストールもダウンロードも必要なく、すぐに使える手軽さが好評を博しています。

要はWeChatサーバー上で動くWebアプリですが、WeChat提供の独自APIを利用できるため、ゲームや地図サービスなど比較的凝った機能も実現できるわけです。

そして最近、WeChatプラットフォームはデザインを更新し、フルスクリーンの「セカンドホーム画面」を提供。その具体的なイメージは、WeChatと運営企業のTencentのスペシャリストであるMatthew Brennan氏がTwitterにて公開しています。


WeChatアプリはiOSとAndroid両方に提供されていますが、WeChatのインターフェースがともに覆いかぶさり(米ニュース専門局CNBCは「スーパーラップ」と表現)、あたかもWeChatがOSそのもののように振る舞っているわけです。

こうしたユーザーインターフェースの変更はすぐにはゲームチェンジャー(流れを一気に変える存在)には見えないものの、いずれは中国のハイテク分野において著しい変化をもたらす――と専門家は指摘しています。

その1人、技術調査会CanalystのアナリストTuanAnh Nguyen氏は「WeChatのミニプログラムがもたらす利点は、まず1つの人気のある(プラットフォーム)にアプリを集中させること。それだけでなく開発者、特に新興企業や乏しい資本の企業(インディーズ系企業)にとって1つのストアに集中することは非常に魅力的です」と語っています。

本来のホーム画面上に覆いかぶさったWeChat内で、ダウンロードの必要がないためパケットも消費しないミニプログラムは、確かにiOSのApp StoreやAndroidのGoogle Playにとっては脅威といえそうです。

こうしたWeChatの「スーパーラップ」は、アップルのエコシステムのロックイン(ある製品を買うと、その会社の別の製品も買う効果)を大幅に弱める可能性も指摘されています。

とはいえ、先のBrennan氏とNguyen氏はミニプログラムの性質上、長期的な影響になると予測。つまり、アップルが対策を講じる時間的な余裕はあると見ています。

なぜなら、ミニプログラムは「大規模になるようには設計されていない」ため、App Storeの(大容量の)ゲームと競合する可能性は低いとのこと。「当面、モバイルゲームのような価値の高いコンテンツは、WeChatのミニプログラムに移行せず、依然として(iOSやAndroidのような)メインプラットフォームで利用される」と分析されています。

そもそもApp Store Reviewガイドライン2.5.8では「 代替デスクトップ/ホーム画面環境を作成するApp、マルチAppウィジェットをシミュレーションするAppは却下されます」とされており、WeChatのインタフェースは規約に違反しているのではないか――と米アップル関連情報サイト9to5Macは示唆しています。

しかし10億ものアクティブユーザーがいるWeChatに対して強くいえないところに、アップルの苦悩があるのかもしれません。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: CNBC
関連キーワード: android, apple, AppStore, china, internet, ios, iphone, mobile, sns, WeChat
179シェア
66
82
0
31

Sponsored Contents