Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

高級オーディオ・メーカーのマッキントッシュから、"全部入り"のレコード・プレーヤーが登場

真空管式プリアンプからBluetoothレシーバーまで内蔵

Hirokazu Kusakabe
2019年1月30日, 午前10:01 in av
170シェア
0
170
0
0

連載

注目記事

マッキントッシュと言ってもリンゴ・マークのコンピュータではありません(お約束。いや、今はもうMacintoshではなく単にMacでしたね)。米国の高級オーディオ・メーカー、Mcintoshが発表した新製品のレコード・プレーヤー「MTI100」は、まさに"全部入り"のレコード・プレーヤーです。

一見すると昔ながらの、というか昔の高級レコード・プレーヤーと変わらないように見えますが、そのコンパクトのボディの中には以下の機能が全て搭載されています。

・ターンテーブル
・トーンアーム
・真空管式プリアンプ
・D級パワーアンプ
・フォノアンプ
・ヘッドフォンアンプ
・スピーカー出力端子
・サブウーハー出力端子
・アナログ入力端子
・同軸デジタル入力端子
・光デジタル入力端子
・Bluetoothレシーバー
・ヘッドフォン端子

つまり、これにお好みのスピーカーをつなぐだけで、レコードに針を落とせば音楽を楽しむことができるのです。さらにスマートフォンや携帯音楽プレーヤー、テレビ、CDプレーヤー、MDプレーヤーなども、アナログやデジタルや無線で接続すれば、スピーカーからその音声を再生することが可能です。

McIntosh MTI100

1つずつ、その特徴を見ていきましょう。

レコード・プレーヤーは、工業グレードのACシンクロナス・モーターによるベルト・ドライブでターンテーブルを駆動します。LP盤の33 1/2回転と、EP盤やシングル・レコード用の45回転に対応し、回転数の精度は商用電源周波数によって正確に保たれます。重量3.18kgのプラッター(ターンテーブル)とトーンアームは、どちらもアルミニウムの削り出し。カートリッジ(トーンアームの先端部分に装着し、レコード盤の溝に刻まれた振幅を針で拾って電気信号に変換する)には米国SUMIKO社のMM型「Olymia」を採用しています。これはSUMIKO社のカートリッジでは比較的安価な製品ですが、自分でアップグレードする楽しみもあると言えるでしょう。

重量15.2kgの本体には、厚さ6.35mmの金属製パネルと9.5mmのガラスを組み合わせ、外部からの振動による影響を防ぎます。Mcintoshのロゴが浮かび上がるガラスのパネルは、同社のもっと大きなアンプにも使われているもの。フロント・パネルにはクラシックなアルミ・ダイキャスト製のバッジも付いています。ボディのサイズは幅48.9cm×奥行き35.6cm×高さ17.15cm。2つのダイヤルを回したり押したりすることで全ての操作を行います。写真のようなリモコンも付属しますが、レコード盤をA面からB面に裏返すためには、一度ソファから立ち上がる必要があります。

McIntosh
このコンパクトな本体に内蔵するために、小型で発熱が少ないことから採用されたと思われるD級(クラスD)のパワーアンプは、接続するスピーカーが4Ωなら80W+80W、8Ωなら50W+50Wで連続して鳴らせます。トーンアームの横でケージに囲まれたプリアンプ部の真空管は12AX7という一般的なもの。といっても、これもメーカーによって音が変わるとされています。少なくとも今どきアナログのレコードで音楽を楽しもうという人にとって、視覚的な満足度のアンプリファイア効果は絶大でしょう。

若い頃に買ったレコード・プレーヤーを持っていても、最近のオーディオ・アンプでは聞けずに困っている人も、ある年代以上の方には多いでしょう。レコード・プレーヤーはその性質上、専用のアンプで出力を上げ、信号を補正しなければ、アナログであってもアンプの一般的なライン入力端子にはつなげません。MTI100ではそのフォノアンプと呼ばれる装置を、ノイズから守るために専用のシールドボックスで覆って搭載しています。
McIntosh MTI100
既にお気づきのように、MTI100は部屋の中に大掛かりなオーディオ・システムを置かずに良い音でレコードの音を楽しみたいという人向けのシステムですが、これに合わせてスピーカーも小型のブックシェルフ型を組み合わせると、どうしても低音の迫力に物足りなさを覚えるでしょう。そのため、MTI100には低音専用スピーカーであるサブウーハー用の出力端子も備えています。さらにマッキントッシュの「High Drive」ヘッドフォン・アンプも内蔵されているので、ヘッドフォンでも良い音を楽しめそうです。

以上のようなアンプ部のみを使ってレコード以外の音楽ソースを聴く場合のために、MTI100にはテレビやチューナーをつなぐアナログのRCA端子(ピンジャック)のほか、同軸デジタルと光デジタルの入力端子を装備し、さらにBluetooth 4.2にも対応。スマートフォンから音楽を無線で送り、(真空管のプリアンプを介して)MTI100につないだスピーカーやヘッドフォンで聴くこともできます。あるいはレコード・プレーヤーの信号を取り出して他のアンプで鳴らすことも可能です。

McIntosh MTI100
米国における販売価格は6,500ドル(約71万円)と、やはり安くはありません。しかし、既にそれなりのスピーカーとレコード・コレクションをお持ちの方、つまり昭和の頃にオーディオ趣味に足を突っ込んだことがある方なら、これだけで完結する"あのMcintoshのシステム"と思えば納得できるかもしれません。今の時代にわざわざレコードで音楽を聴くのであれば、どうせならある程度の良い音質でと考える人も多いはずです。あまり場所を取らず、しかも現代の音響機器もつなぐことができるこのシステムは、案外日本の音楽ファン向けかもしれません。たまには「ながらリスニング」ではなく、真空管の灯とレコードジャケットによるアートワークを目でも楽しみながら、もはや死語となった"レコード鑑賞という趣味"に耽ってみたいものです。

Gallery: McIntosh MTI100 | 10 Photos

10




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Mcintosh
関連キーワード: analog, audio, av, bluetooth, record, record player, wireless
170シェア
0
170
0
0

Sponsored Contents