Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

初代Apple WatchとSeries 1の42mmモデル、修理に出すとSeries 2に交換してもらえる可能性あり?

今年2月~4月に「かもしれない」という噂です

Kiyoshi Tane
2019年1月29日, 午後03:30 in apple
63シェア
19
19
0
25

連載

注目記事


初代Apple Watch(Series 0)とSeries 1の42mmモデル用の修理部品が一時的に極端に不足しているため、これらのモデルを修理に出すとApple Watch Series 2に交換してもらえるかもしれないとの噂が報じられています。

米アップル関連情報サイトMacRumorsが入手した正規サービスプロバイダ向け内部文書によると、アップルは2月~4月にかけて、これらモデルの修理につきApple Watch Series 2を代わりに提供することを許可したとされています。

ただし、本文書ではSeries 2やSeries 3、Series 4には言及がないとのこと。また、アルミニウムやステンレススチールといったケースの種類も指定されず、それ以上の情報は提供されていないと伝えられています。

この内部文書はアメリカやその他の国のアップル正規サービスプロバイダにも配布され、おそらくアップルストアにも送付されたと推測されています。MacRumorsは情報源を守るためとして、内部文書のスクリーンショットは公開していません。

以上を総合すると、日本でも初代Apple WatchやSeries 1の42mmモデルを修理に出せば、Series 2に交換してもらえるかもしれない。が、ケースの種類等によっては旧モデルのまま修理される可能性もある、といったところでしょう。

ともあれ、来月2月から4月に上記モデルを公式ストアや正規サービスプロバイダに修理に持ち込む人は、より新しい世代に交換してもらえるかも......と淡い期待程度は抱いていいかもしれません。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: MacRumors
関連キーワード: apple, AppleRumor, Applewatch, applewatch2, wearables
63シェア
19
19
0
25

Sponsored Contents