Sponsored Contents

laptopの最新記事

Image credit:
Save

モバイルノート「LG gram」の新型が2月15日発売~軽く電池長持ち、そして大画面

カーボンナノチューブ採用のバッテリーが注目ポイント

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年1月30日, 午前11:00 in Laptop
93シェア
0
48
0
45



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

LGエレクトロニクス・ジャパンは、Windows 10 Home搭載のモバイルノートPC「LG gram」の2019年モデルを2月15日に発売します。4つの画面サイズで11モデルの構成をラインナップし、価格は最下位構成の13.3インチ・Core-i5プロセッサー搭載モデルで14万6880円前後(税抜、以下同)、最上位の17インチ・Core i7プロセッサー搭載モデルで21万5880円となっています。

LG gram 2019
LG gram 2019

軽くて丈夫で、電池長持ち

「LG gram」シリーズとしては4世代目となる2019年モデルでは、これまでの13、14、15インチという画面サイズに加え、17インチという大画面が新たに加わりました。

同シリーズの最大の特徴は「軽さ」。13.3インチで約965g、14インチで約995g、15.6インチで約1099g、17インチで約1340gと、他社のノートPCとの比較でも群を抜く軽さを実現しています。

LG gram 2019▲13インチモデルはA4用紙と同じくらいのサイズ

LG gram 2019▲17インチモデル。新幹線の座席テーブルに置くには大きすぎるかもしれません

LG gram 2019

さらに、今回のモデルでは、バッテリーで新技術を導入し、軽さはそのままに電池持ち時間を大幅に伸ばした点も特徴です。LG化学が新たに開発したバッテリーは、導電材にカーボンナノチューブを採用し、大容量を搭載しても軽量な上、充電時にかかる負荷を軽減しています。

バッテリー容量は前モデル共通で72Wh。これは2016年モデルの倍に相当し、13.3インチモデルでは約28時間、17インチモデルでは約22時間の連続利用が可能としています。

LG gram 2019
LG gram 2019

そのほか、筐体はマグネシウム合金を採用し、軽量ながら丈夫に仕上げています。モバイル製品の堅牢性の指標としてよく用いられる米軍の物資調達企画「MILスペック」に準拠した試験を実施し、衝撃、砂塵耐性、低圧、高温、低温、塩水噴霧といった項目で耐久性を確かめています。なお、防水には非対応となっています。

LG gram 2019▲端子やキーボードの強度もLG独自の試験で検証されています。画面を多少たわませた程度で割れたりはしません

LG gram 2019

「モバイルデスクトップ」を標榜する17インチモデル

新たに追加された17インチモデルは、もはやモバイルノートの領域とは言えない大画面を装備。一方で、重さは1.3kgと平均的な13インチノートPCほどに抑えています。

LGエレクトロニクス・ジャパンの金東建(キム・ドンゴン)氏は、17インチモデルを「今までの市場にはない全くの新しい製品。"持ち運ぶデスクトップ"という、新たな市場を生み出すと期待している」と自信を示しました。

LG gram 2019▲LGエレクトロニクス・ジャパンの金東建氏

LG gram 2019▲「世界最軽量の17インチノートパソコン」としてギネス世界記録に認定されたとのこと

LGは、17インチという大画面を使って、出先で映像編集を行うなど、クリエイティブな作業もできると紹介。また、ビジネスマン向けには表計算などをスムーズにこなせるといったメリットがあり、プライベートでは家族での動画鑑賞といった用途に使えるとアピールします。

外部端子が充実

日本版の「LG gram」は、日本語キーボードモデルのみのラインナップ。英語キーボードモデルは取り扱わない予定としています。キーボード右上の電源ボタンには、指紋センサーが搭載されています。

モバイルノートとしては外部端子が充実しているのが特徴で、USB 3.0(A端子)×3基、USB Type-Cポート、HDMIポート、microSDスロット、ヘッドホンジャック、DCジャックをを左右の側面に装備します。左側面のUSB Type-Cポートは、構成によってThunderbolt 3(USB 3.1互換)またはUSB 3.1 Gen2(DisplayPort Alt Mode対応)となっています。

LG gram 2019LG gram 2019

LG gram 2019▲Core i7搭載モデルはThunderbolt 3端子を装備。17インチのみCore i5端子もThunderbolt 3端子となっています

充電時には付属のACアダプターを利用することで、48Wの高速充電が可能です。ただし、ACアダプターは小型のモバイルバッテリーほどの大きさがあるため、取り回しは多少不便があるかもしれません。また、USB Type-C端子はUSB PD規格に準拠した急速充電をサポートします。USB PDでは最大18Wまでの対応となっており、高速で充電したい場合にはACアダプターを利用した方が良さそうです。

LG gram 2019
▲ACアダプターはそれなりの大きさ。とはいえ、電池持ちは長めなので、宿泊を伴う出張でもない限りは家に置きっぱなしでも事足りそうです

ディスプレイはやや物足りない?

軽量さ、電池持ち、充実した外部端子などLG gramならではの魅力は多くあるものの、筆者がやや物足りないかもと感じたのがディスプレイ周り。LG gramではアスペクト比が16:10と横長寄りのIPS液晶ディスプレイを装備しています。

解像度は13、14、15インチモデルがフルHD(1920×1080ドット)、17インチモデルがWQXGA(2560×1600ドット)。ノートパソコンとしては十分な解像度がありますが、特にスマートフォンで高精細化が進む中で、もう少し解像度を高めても良いのではないかという印象を抱きました。もちろん、ディスプレイ解像度を高めるとコストや電池持ちにも影響するため、価格や電池持ちとのバランスをを考慮した結果と言えそうです。

LG gram 2019▲Windows 10で使う分には十分な解像度を備えていますが、もう少し精彩感がほしい

メモリーとストレージの増設に対応

CPUはインテル製の第8世代Coreプロセッサー(Whiskey Lake)を搭載。画面サイズごとにCore i5-8265UとCore i7-8565Uという2種類の構成が用意されています。メモリーは標準で8GBを装備。ストレージはCore i5モデルが256GBのSSD、Core i7モデルは512GBのSSDを搭載します。

メモリー、ストレージ用の増設用スロットを1つずつ備えており、LGの増設サービスを利用することで性能を強化できます。メモリーは最大16GBへの増設に対応しています。BTOのように出荷時からメモリーを増設した状態での販売は行われませんが、店舗によっては購入した商品をLGのサポートセンターへ直送するといった対応も可能としています。
【LG Gram 2019 価格・スペック一覧】
LG Gram スペックLG Gram スペック
LG Gram スペック





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: laptop, LG, LG Electronics, LG gram, PC, Windows 10
93シェア
0
48
0
45

Sponsored Contents