Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

Razer、バレンタインに合わせてQuartz Pink Editionを発表。ラップトップもピンクに

目立ちたがりにはもってこい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年1月30日, 午後01:50 in personal computing
223シェア
16
207,"likes":316
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ゲーミングデバイスメーカーのRazerが、バレンタインデーにあわせ、限定カラーのQuartz Pink Editionを発表しました。ラインアップは、マウスやキーボード、ヘッドセットなど8つの周辺機器と13インチラップトップのRazer Blade Stealth 13です。

ゲーミングデバイスといえば、派手に光るChromaは別として、基本的には黒系統の地味な色が多い印象があります。しかし、Razerはこれまでも限定カラーとしてホワイトやガンメタリックをリリースするなど、カラーバリエーションにはこだわっている様子。
Quartz Pink自体も今回が初めてではなく、2018年に初のQuartz Pinkが4つの周辺機器でリリースされています。

今年はラインナップが一気に2倍となったわけですが、中でも注目はRazer Blade Stealth 13でしょう。ピンクのラップトップ自体が珍しく、出先で使えば目立つこと間違いなしです。

Razer Blade Stealth Quartz Pink

なお、Quartz Pink Editionは8つの周辺機器を含め、カラーが違うだけで仕様に違いはありません。また、Quartz Pink Edition自体は日本でも販売されますが、Razer Blade Stealth 13のQuartz Pinkの販売は米国、中国、カナダのみとなります。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

223シェア
16
207,"likes":316
0

Sponsored Contents