Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップルは米国内に工場を移すつもりがない?Mac Proでの「ネジ」の失敗で懲りているとの観測

クックCEOは中国工場がお気に入りのようです

Kiyoshi Tane
2019年1月30日, 午後03:50 in Apple
114シェア
28
86,"likes":54
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

米トランプ政権はアップルに「(米中貿易戦争で)関税をゼロにしたいならアメリカ国内に工場を作れ」とたびたび呼びかけていますが、それはきわめて難しいかもしれません。その理由は、製品を組み立てるのに必要な、小さなネジです。

アップルが2013年12月に満を持して発表したMac Proは、ティム・クックCEO本人がテレビ出演して「Made in USA」をアピールするほど力の入った製品でした。

しかしNew York Timesが伝えたところによると、いざ米テキサス州オースティンでMac Proの製造を始めてみると、その組立に不可欠なネジを、満足に確保できない状況に陥ったとのこと。アップルが発注した米国内の工場では、このネジを1日に1000本を作るのがやっとであり、匿名を条件に証言した3人の関係者はによれば、Mac Proを米国内で製造する試みは大失敗でした。

Mac Proは当初の出荷予定時期日を2月に設定したものの、問題は解決できずに何度か延期せざるを得なくなりました。ネジ不足だけが問題ではなかったものの、このネジの国内量産体制が整った頃には、すでにネジは中国産のものに変わっていました。

このMac Pro延期事件で露わとなった米国内での生産問題は、つまるところアップルが中国から製造工場を移転させようとしたときに直面する問題を示しています。

2017年後半の中国での会議で、クックCEOは中国での製造技術が「信じられないほど素晴らしい」と激賞。その上で「アメリカではこの部屋いっぱいにエンジニアを集められるかどうか怪しいものです」「中国では、フットボール競技場を何個も一杯にできるぐらい(大量のエンジニアがいる)です」と述べた映像が残されています。

アップルは自社のサプライチェーンを多様化して複数の国への分散を探っていますが、中国からの移転候補はインドやベトナム等に限られており、米国内での工場建設は聞こえてきません。これにはやはり、クック氏にとって手痛い失敗となった「Made in USA」が強く影響しているのかもしれません。

The New York Timesの取材に対して、アップルの広報担当者は「わが社は米国の経済成長の原動力であり、昨年は9000社もの米国内サプライヤーに600億ドルを費やして45万人の雇用を支援した」と語ったとのことです。

アップルは昨年末にテキサス州オースティンでに新社屋の建設計画をはじめ、全米各地で雇用を拡大する発表をしています。が、言及されている分野はエンジニアリングやリサーチ、金融、販売など、ハードウェアの生産に関係しないものが専らでした。トランプ大統領の「国内での雇用創出」には協力するとしても、「工場を移せ」には耳を貸す可能性は低そうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, china, MacPro, TimCook
114シェア
28
86,"likes":54
0

Sponsored Contents