Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:
Save

au社長、ドコモ『4割値下げ』に対抗する姿勢を重ねて示す

中古スマホ、au Payにも言及

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年1月31日, 午後05:10 in Kddi
162シェア
0
96
0
66

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

携帯電話サービスのauなどを展開するKDDIは1月31日、2019年3月期 第3四半期決算説明会を開催。NTTドコモが4〜6月に実施する『最大4割値下げ』について、対抗する姿勢を改めて強調しました。

登壇した高橋誠社長は、2017年夏に導入した分離プランの「auピタットプラン」「auフラットプラン」により、すでに3800円規模のユーザー還元を実施しているとアピール。先に値下げを済ませていると強調した上で、『(ドコモの値下げは)ピタットフラットと同等水準なら良いが、もう少し踏み込んでこられれば、競争なのでしっかり対応する』と述べ、ドコモの値下げ水準がauを上回る場合、追加で値下げする方針を示しました。

中古スマホ・au Payにも言及

また、分離プランによる端末代高騰に対処するため、総務省などが主導する「中古スマホ推進」の議論。これを受けてauでも中古スマホを取り扱うのか記者に問われると、現時点ではノープランであると回答。『分離プランの後、端末ラインナップをどうするかは大きな課題』としつつ『今のところ中古端末の販売についてのプランを持っているわけではない』と述べました。

さらに、4月に開始するQRコード決済「au Pay」についても言及。au Walletとの連携により、すでに約1000億円の残高がウォレットに貯まっていると強調。また、楽天との提携で、4月のサービス開始早々に100万か所で決済可能になるとも述べ、後発ながら一気に巻き返しを図るとアピールしました。

engadget

次世代移動通信の「5G」については2019年に一部エリアからプレサービスを開始予定。それに向けて技術開発や設備投資を本格化しています。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: kddi
162シェア
0
96
0
66

Sponsored Contents