Sponsored Contents

nianticの最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO、雪予報でポワルン「ゆきぐものすがた」捕獲チャンス

防寒や安全対策を万全に。

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年1月31日, 午後03:30 in Niantic
88シェア
0
88
0
0

連載

注目記事



続いて天気予報です。1月31日は日本の広い範囲で天気が崩れ、関東・東海地方の平野部でも降雪の可能性があります。

雪の少ない地方ではなかなか見かけることのない、ポワルン「ゆきぐものすがた」を捕獲して図鑑を埋める機会です。

Pokemon GO

全国図鑑#351のポワルンは、ホウエン地方(『ポケットモンスター ルビー・サファイア』)で見つかった「てんきポケモン」。

天気予報アイコンのような、てるてる坊主のような、ダイキン工業製エアコンの潤いアピールキャラクターのような外見で、天候によって姿を変える珍しい特性があります。

ポケモンGOではそのときの天気に応じて出現するフォルムが変わり、捕獲後は固定される仕様。つまり、雪で出現する「ゆきぐものすがた」を手に入れるには、実際に雪が降っている(ことがポケモンGOのゲーム側で反映された)ときに狙う必要があります。

(ポケモンGOのゲーム内天気は「そのときの天候」なので、仮に積雪しても晴れや雨では「ゆきぐものすがた」にはなりません。)

一方、バトルで際立った活躍をするタイプではなく、ゆきぐものすがたが居ないと困る状況も特にありません。進化もしないため、量を捕獲する必要もなし。アメはすがたにかかわらず一種類です。

未入手で図鑑を埋めたい場合は、天気予報を確認して防寒対策や転倒対策を万全におでかけください。むしろお出かけせず屋内から狙いましょう。

ポケモンGO、幻の『デオキシス』に新フォルム「ポワルンのすがた」爆誕。なぜ??

なお、フォルムチェンジするDNAポケモン『デオキシス』がなぜか「ポワルンのすがた」になっていたバグはあっさり修正済み。ポワルン改めノーマルの出現は終わり、現在のEXレイドでは二番目の「アタックフォルム」が出現中です。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: niantic, nintendo, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
88シェア
0
88
0
0

Sponsored Contents