Sponsored Contents

Appの最新記事

Image credit:
Save

LINEと任天堂、スマホゲーム「Dr. Mario World」を2019年初夏配信

ツムツムの知見を生かせる?

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年2月1日, 午前09:31 in App
174シェア
59
100
0
15

連載

注目記事


LINEと任天堂は、スマートデバイス向けゲームアプリにおいて協業すると発表しました。第1弾として、スマホ向けアクションパズルゲーム「Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)」を2019年初夏を目処に提供します。

今回の提携は、任天堂のゲームIP(キャラクターやコンテンツ)とLINEのユーザー基盤を活用し、スマートフォン向けゲームを開発するという内容です。

第1弾となる「Dr. Mario World」は、任天堂の名作パズルゲーム「ドクターマリオ」をベースとした新しいアクションパズルゲーム。2019年初夏を目処に、世界60カ国で配信されます。配信元は任天堂で、基本無料のアイテム課金型で提供されます。ゲームの開発・運営にはLINEの関連会社の韓国NHN Entertainmentも参画します。

任天堂は2016年にDeNAとの資本・業務提携にを発表し、スマートフォンゲームに参入。「スーパーマリオ ラン」や「どうぶつの森ポケットキャンプ」などアプリを展開しています。また、2018年にはCygamesと提携し、新作スマホゲーム「ドラガリアロスト」を提供しています。

一方のLINEは「LINE:ディズニー ツムツム」など、LINEブランドのカジュアルゲームを多数展開しています。また、2017年にゲーム開発の子会社として韓国にLINE Games株式会社を設立していますが、2018年12月には同社の株式の過半を手放すなど、ゲーム事業の立て直しを進めていました。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: LINE, NINTENDO
関連キーワード: App, Dr.Mario, LINE, Mario, NITENDO
174シェア
59
100
0
15

Sponsored Contents