Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

ネット生活時間の全人類平均は人生の27%にも―ネット利用データ「Digital 2019」公開

最大がフィリピンの1日10時間2分とのこと

Kiyoshi Tane
2019年2月1日, 午後07:00 in internet
94シェア
0
94
0
0

連載

注目記事


SNS管理ツール会社HootSuiteとマーケティング会社We Are Socialは、世界各国でのインターネット使用状況をまとめた「Digital 2019」を発表しました。その情報のソースはGlobalWebIndex、GSMA Intelligence、Statistaなど手堅いデータが選ばれており、信頼性はきわめて高いと思われます。

この中でも注目すべきは、世界諸国の人々が一日のうちどれだけインターネットに時間を費やしているかというデータです。これによると世界平均は6時間42分(うち半分がモバイル機器)で、実に人生の中で27%以上、年間100日超をインターネットと関わって過ごしていることになります。

調査の対象となっている世界各国のなかで、1日のうちインターネットで過ごす時間が最長の国はフィリピンで10時間2分。アメリカは世界平均をわずかに下回る6時間31分で、日本は最短の3時間45分とされています。

net

平均が1日あたり6時間42分とは驚きの長さですが、実はこれでも昨年の6時間49分をやや下回っているとのこと。

とはいえ、この低下は(ヘビーユーザーの使用時間が短くなったというより)まだインターネットの使い方に慣れていないユーザーが増えたからではないか、とも推測されています。これに対して米アップル関連情報サイト9to5Macは、iOS 12のiPhone使いすぎ防止機能「スクリーンタイム」なども貢献している可能性を指摘しています。

ほかDigital 2019では、全世界でのインターネットユーザーの数は1日100万人以上の割合で増加、2019年初頭のインターネットユーザー総数は43億9000万人、約51億1000万人がモバイルデバイスを所有――など、ネットにまつわる様々な統計データが数字およびグラフにより可視化されています。

現時点で約44億人のユーザーが平均で毎年100日以上もインターネットで過ごしているとなると、1年あたり全人類の総計では12億年以上に相当する時間をオンラインに費やしている......など、もはや宇宙的スケールに拡大しているネット世界に関して考えを深める助けとなりそうです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: TNW
関連キーワード: internet, services, smartphone, sns
94シェア
0
94
0
0

Sponsored Contents