Sponsored Contents

galaxyの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneもカラフルにワイヤレス充電! 「Razerの光る充電台」を試してみた

充電中もついつい見とれる「Razerの光」のマジックに注目

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年2月2日, 午前08:00 in Galaxy
67シェア
0
67
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

ゲーミングPCや周辺機器メーカーとして有名なRazerは、スマートフォンも販売しています。2018年10月に登場した「Razer Phone 2」は初代モデルの機能をブラッシュアップさせたゲーミング端末。背面のロゴマークを自在に光らせることのできる、Razerらしい機能も搭載しています。

そしてこのRazer Phone 2はワイヤレス充電にも対応しており、市販の充電台も使えますが、純正品として「Razer Phone 2 Wireless Charger」が販売されています。

価格は99.99ドルと、ワイヤレス充電台としてはやや高め。しかしこの純正ワイヤレス充電台はRazerならではのギミックにあふれた製品に仕上がっているのです。それはとにかく「光る」こと。Razer Phone 2を充電台に置けば、Razerの世界観を充電中も味わうことができるのです。今回は

razerqi

Razer Phone 2 Wireless ChargerはQi規格に対応していますから、Razer Phone 2以外のスマートフォンももちろんワイヤレス充電可能です。
筆者は、Razerファンやゲーミングユーザーだけではなく、市販のワイヤレス充電台にどことなく満足感を得られていない人にもぜひ使ってほしい製品だと思いました。かく言う筆者も、Razer Phone 2は持っていませんが、このワイヤレス充電台が発売されるや否や即座に購入してしまいました。

razerqi

本体は正方形の充電台と、その下に通電スイッチ、USB Type-C端子を備えるだけの簡単な作りです。充電大部分は引き上げることでスマートフォンを立てかけた形にして充電することもできます。

充電速度にかんしてはQiのFast Chargingに対応するものの、どうしても有線での充電に比べると、速度は7割程度に落ちます。ですがこの充電台は性能ではなく「見た目」でも使うもの、と割り切るのがベター。

razerqi

付属のACアダプタにもRazerのロゴが入っています。香港版のためUK仕様の3ピンですが、アメリカや台湾で買えば日本と同じ2ピンタイプとなります。このACアダプタはRazer Phone 2に同梱されているものかもしれません。

razerqi

本体にUSB Type-Cケーブルをつなげば準備OK。充電を準備するには、本体前面の通電ボタンを押します。せっかくなので充電台部分を引き上げましょう(このままでも使えます)。

razerqi

すると本体の下部がいきなり光りだします。しかも光は1色ではなく、次から次へと変わっていきます。初期状態でも色は一定のパターンで変わりますが、Razerの特徴の1つでもあるChromaアプリを使えば、光のパターンをRazerの他の製品と同期したり、カスタマイズすることも可能となります。

razerqi

この状態で机の上に置くだけで「色の変わるオブジェ」にもなります。使わない時も楽しめる......そう考えると100ドルは高くはないように思えます。

razerqi

ではさっそく......とiPhone XSを置いてみましたが、反応してくれません。どうやら充電台内部のワイヤレス給電アンテナ(コイル)の位置がiPHone XS側に対して低く、この状態では充電しないようです。

razerqi

Androidでもテスト、ということでGalaxy S7 edgeを置きましたが、こちらもだめ。Razer Phone 2では縦でも使えるようなので、同機の背面コイルはかなり下部にあるようです。

razerqi

ならば、ということであきらめず、iPhone XSを横向きに置くと、無事ワイヤレスでの充電が始まりました。

razerqi

なお充電中は、本体下部が複数の色で点滅しながら光ります。一方で置く位置が悪く充電が始まらなければ単色での発光となるため、この色の点滅を見るだけでも、きちんと充電されているか否かが分かるのです。

razerqi

しかし立てかけて充電するなら、スマートフォン本体は縦向きに置きたいもの。上述したように、コイルの位置によっては横にしなければ充電が不可能なため、いっそのこと充電台部分を元に戻してフラットな状態にし、この上に平置きして充電したほうがいいかもしれません。

razerqi

......ということで、スタンドを倒して平置きで使ってみましたが、若干慣れが必要なようです。というのも、位置合わせが割とシビアなため。

充電台部分を立てた状態だと、スマートフォンを横向きに置けばコイルの位置が合い、即座に充電が始まるのですが、平置きの場合はスマートフォンを置く位置をきちんと中央にしないと充電してくれないため、「適当に置いてすぐ充電」とならないのです。まあ使っていくうちに慣れるでしょうけど。

razerqi

充電が終わると赤い点灯となって知らせてくれます。多くのワイヤレス充電台は充電状況がわかりにくいのですが、この製品であれば光を見るだけで状況が一目瞭然なのです。

Razer Phone 2の日本上陸はおそらくないでしょう。でもこのワイヤレス充電台なら、他のスマートフォン用として日本で発売するのも十分ありだと思います。なによりもRazerのPCを使っている人なら、自分のスマートフォンをこの充電台で充電したいと思うでしょう。
Razer Phone 2 Wireless Chargerの日本発売を切に願いたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: galaxy, iphone, qi, RAZER, xperia
67シェア
0
67
0
0

Sponsored Contents