Sponsored Contents

Ploom Sの最新記事

Image credit:
Save

国産初の高温型加熱式タバコ「Ploom S」をインプレ:電脳オルタナティヴ

メビウスの輪から抜け出せない人にオススメ?

ナックル末吉, @nacklesueyoshi
2019年2月1日, 午後04:30 in Ploom S
32シェア
0
32
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

モノ系ライターのナックル末吉です。1月29日、話題騒然のうちに発売されたJT初――というより、国内メーカー初の高温型加熱式タバコ「Ploom S」(スターターキット、税込価格7980円)。筆者も早速入手し、実際に吸ってみました。今回はこの注目モデルのインプレをお届けします。

Ploom Sが採用する「高温加熱型」とは?

JTといえば、これまで「Ploom TECH」という加熱式タバコブランドを展開していました。このPloom TECHは約30℃の低温でフレーバーリキッド(液体)を加熱し、発生した蒸気をタバコ葉に浸透させて喫煙するというもの。俗に言う「低温加熱型」の加熱式タバコとして知られていました。このタイプは、加熱に時間がかからないため起動時間不要で喫煙可能。かつニオイや蒸気(煙)が極端に少ないという特徴があります。

一方、Ploom TECHのライバル機であるIQOSやgloは、240℃~300℃の高温で直接タバコ葉ペーストを加熱する「高温加熱型」という方式を採用しています(ちなみに、紙巻きタバコの燃焼温度は800~900℃)。こちらは低温加熱型に比べて、喫煙可能になるまでの起動時間が必要だったり、独特のニオイが発生したりしますが、一方で喫煙の満足感が高く、紙巻きタバコから完全移行する人も増えています。

現在、国内の加熱式タバコ市場は、この高温型、つまりIQOSとgloを合計したシェアが9割を超えるという試算があります。そこへJTは高温型加熱式タバコの最後発としてPloom Sを市場に投入したわけです。

Ploom Sってどんな製品?

Ploom Sは約200℃でたばこスティックを加熱し、発生する蒸気を喫煙する高温型の加熱式タバコ。バッテリーを内蔵したオールインワンタイプなので、IQOS 3 MULTIやglo同様に連続喫煙が可能です。

たばこスティックを本体に差し込み、約40秒の起動時間を経て喫煙できるようになります。たばこスティックを外側から加熱する「アウターヒーティング」方式を採用しているため、IQOSのような加熱ブレードは存在しません。ちなみにフル充電で10本のたばこスティックが喫煙可能となっています。

まずは、製品のディテールを見てみましょう。

PloomS
▲パッケージです。どことなくエアーズロックも彷彿とさせる台形

PloomS
▲Ploom S本体です。独特なデザイン。賛否両論ありますが筆者的には好みです

PloomS
▲底面にクリーニング用の穴と充電端子。って、今どきmicroUSB!? Ploom S本体の仕様で唯一残念な点がコレ

PloomS
▲上面には起動ボタンやスティック挿し込み口のシャッターが配置されています

PloomS
▲シャッターを開くとLEDが点灯し「起動可能」状態に

PloomS
▲たばこスティックを挿し込んでボタンを長押しするとLEDが一つずつ点灯し、約40秒で全然点灯。喫煙可能状態になります

PloomS
▲付属品はUSBコンセント、microUSBケーブル、クリーニングブラシ

PloomS
▲「なんでPloom TECHが付属してるの?」と思ったら、クリーニングブラシでした......


なお、加熱開始、喫煙可能時、喫煙終了直前(残り30秒もしくは2吸い)、喫煙終了のタイミングで、通知のために本体が振動します。もはや高温型の加熱式タバコデバイスとしては標準といってもいい仕様でしょう。

JT渾身のたばこスティックこそ真の「メビウス」?

Ploom Sで喫煙するには、専用のたばこスティックが必要になります。こちらのフレーバーとしては、JTが全世界に誇る看板ブランド「メビウス」が採用されました。現在は初期銘柄としてレギュラー1銘柄、メンソール2銘柄、合計3銘柄で展開されています。1箱20本入り税込480円。

PloomS
▲Ploom S専用たばこステック。左から「メビウス・レギュラーテイスト・フォー・プルーム・エス」、「メビウス・メンソール・フォー・プルーム・エス」、「メビウス・メンソール・クールエフェクト・フォー・プルーム・エス」

PloomS
▲IQOSのヒートスティックと比べると随分小さくみえるパッケージ

PloomS
▲しかしキッチリ20本つまっています。カドがないラウンドデザインのパッケージも◎

PloomS
▲Ploom S専用たばこスティック(左)とIQOSヒートスティック(右)の比較。約1cmほどPloom Sのほうが長い

PloomS
▲太さは大差なし。なおこの2製品、形は似ていますが互換性は全くないので要注意(まともに味わえません)

さて、このPloom S専用のたばこスティックですが、JT曰く「紙巻きタバコのメビウスの味わいに極限まで近づけた」とのことで、製品にかけるアツい想いを感じざるをえません。早速レビューしてみましょう。

結論はIQOSとgloの中間。しかし......

さて、Engadget 日本版の編集部数人でPloom Sを試喫してみました。肝心の味わいはというと、IQOSほどの満足感はないもののgloのようなニオイ感もない、中間的な位置づけという結論に。ただ、普段から紙巻きタバコを喫煙している人の意見なので、IQOSやgloを愛用中の人は、自分好みの味がPloom Sで実現されている可能性も否めません。

PloomS▲Ploom Sを試す!

筆者としては、JTが「紙巻きメビウスの味を再現」と自信をみせるとおり、IQOSやgloにみられた加熱式タバコ独特の焦げたようなニオイがないぶん、紙巻きタバコの吸い心地に近い印象も受けます。おそらく、排出されるニオイは3製品の中で一番少ないのではないと感じました。

前述のとおり、Ploom Sの加熱温度は200℃で、高温型加熱式タバコの中では低めの設定。それを裏付けるように、吸い終わったたばこスティックを見ても、ほとんど変色や焦げがみられず、ぱっと見では未使用と見分けがつきません。

PloomS▲未使用(左)、使用後(右)。変色などはほとんどないと言ってよさそう


Ploom S全体の印象としては、充電端子のmicroUSB以外は良くできたデバイスだと言えますし、味にこだわったというメビウスとのアジャスト具合も絶妙でしょう。

味わいはともかく、ニオイが懸念される局面での喫煙においては、高温型加熱式タバコの中なら第一候補にしてもよさそうです。また、これまで紙巻きタバコのメビウスを吸っていた人にとっては、しっくりくるテイストだと思います。


PloomS▲同時発売されたチャネル限定カラーバリエーションシリーズ第一弾「ユニークアンバー」(左)と「サプルクレイ」(右)が思った以上にスウィーティーな色合いです




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

32シェア
0
32
0
0

Sponsored Contents